WITTAMER/Chocolate frais


ヴィタメールって云うベルギーのチョコレートブランドらしい。

…ココで「ゔぃためーるとふぇむふぇたれって近くね?」と一瞬アタマに走るモノがありましたが。(懐。笑)

ま、話戻しましょうか。( ̄ェ ̄)

ふむふむ。純生ショコラとある。

ワクワク開封♪
ん、中のシートが粉っぽい…


うぉぉ~美味そうだ~♪

かじってみたトコロ。


美味すぎるヤヴァい♪♪
(既に半分近くなくなっている)

コレね。
何かに似てんなー食感がーって考えてました。
で、半分なくなって気付きました

あんこ玉に似てんだわ。食感が。
コレ中に白い玉入ってたら面白かったね。←駄菓子ぢゃねーよ

いや冗談はさておきホント美味いです
こうしてるウチになくなっちゃいそうなんで、ガマンして冷蔵庫にしまいました。また明日♪

いやいや藤乃
毎年美味しいチョコレートをホント感謝です。

それとさ。さりげなく一緒に入ってた誕生日祝。
衝撃受けて半泣きになりそうでしたが
こちらも本当に感謝ですよ(T人T)


こちらはだいぶ遅れていますが、しばしお待ち下さいね。

ありがとう
…恒例の、と打ち込む時に
「こうれいの」と入力したら、真っ先に出た変換が

高齢の

でありましたからにして( ̄Д ̄)ノ


…ま。ソレはさっさと忘れて←忘れるなら書くなよ

藤乃からの「恒例のブツ」
お誕生日の日に届きました



チョコレートですヒャッハー(≧∇≦)



ミュシャ。ですね。素敵です(*^ ^*)

…コレさ。
一つ一つベロアのポーチに入ってて、
贅沢なパッケージですよね~



リーフ型のチョコレート。
左から、ミルク・ストロベリーミルク・ビター のフレーバー。


写真撮りながらポリポリ…
ビターとミルクを一緒に食べた味がワタシ好みのチョコレートでしたね。
ストロベリーミルクはもうホント、「イチゴミルク」感満載でした。

ちなみに。ストロベリーミルクとビターは一緒に食べない方が良いみたいです。
(やってみた笑)


…で、結局写真撮り終えてその後ウッカリ完食してしまうま。
「あ‼︎しまったっっ全部喰っちゃった‼︎」
と思わず叫んでももう遅い。

その後はこの缶の使い道を考えて楽しんでました。
(アクセサリーパーツ入れになりました♪)

今年も美味しゅうございました

ありがとう藤乃m(_ _)m




…歳取った。( ̄  ̄)

ま〝たひとつぅ~~←世良風



…ド平日ですからね。水曜日。
昨日は祝日でしたけど。

普通~に朝起きて出勤してバリバリ仕事してバタバタ退勤して
所用で出掛け、帰宅したのは21時。

仕事から家に向かう電車内で血迷言を見て
一時帰宅したら良いタイミングで藤乃からのプレゼントが届き、
でも中身確認するまでもなく再び家を飛び出し…

さっきやっと中身確認しまうま。

…後日ゆっくり写真上げますね

ありがとう藤乃

あ。で。
今回もある意味例年通りな藤乃への
「押し付け強制プレゼント攻撃」。

>今回は例年とは違う趣向とのコトでしたが、実は結構ツボりました( ´艸`)

とのコトで、ソレは本当に良かったです♪

そしてそして。

>ちなみに、全部使わせて頂いてます

ソレは幸い♪♪♪

いやーもしかしたら
( ´,_ゝ`)プッとか失笑されて部屋の片隅に放置かっ((((;゚Д゚)))))))
とか思ったりしてましたんで。(笑)

1ヶ月以上も遅れてしまい本当に申し訳なかったですm(_ _)m


ではまたあらためて



昨夜タイマーセットして、全粒粉パンを焼きました。

焼き上がりは朝7時。
逆算すると5時位にパン焼き機が働き出す!とか云って
朝5時に目覚ましをセットして飛び起き、
またしても子はパン焼き機に貼り付いてた様子。

6時に起床したワタシは、その時また寝ていて結局7時に起きた子に
「パン焼き機働いてた?」と訊いてみると

「発酵中だった(´・ω・`)」

シーーーンとしてて動かないので諦めて二度寝したらしい。(笑)

で。今回の全粒粉パン♪

今日は中の羽根を上手く取り出せキレイな仕上がりに♪

んー全粒粉イイね~。美味しい♪

いやしかし、その辺で売ってるパンよりも
我が家で焼いたパンの何とシアワセ感満載の旨さったら格別でやんす。


…ただやっぱ忙しい朝だと
せっかくのブレックファーストがバタバタになって残念なので、休日の朝がイイね。

朝寝床から出るとイイ香り~(*^^*)
コレだけで朝食とらないワタシでもシアワセ気分です

…あ。藤乃。
云い訳(笑)の返事遅くなりましたが、
プレゼントは気持ち
気持ちがこもっていれば、ソレだけでとっても嬉しい。

何より。
毎年こうして気に掛けてくれてるってコトが、本当に嬉しいのだよ。


…また、パン焼いたらレポします。笑


さてさて。
藤乃からの誕生日プレゼントのホームベーカリー。
届いたのが平日で忙しく、早く試したくても時間に余裕がない…

ワタシ以上に大喜び大盛り上がりで大ハシャギな子が
「パン焼こーよー(´Д` )」
と連日騒ぐのをなだめ
「休日になったらちゃんと焼こう」と約束し

日曜日、遂に初パン焼きを試みました。

通常のコースでは4.5時間。
が、この週末天気悪くて体調もよろしくなく…
ましてや先週末に片付けられなかった書類整理もあり、
いよいよと腰を上げたら既に夕方でした。。。

悩んだ末、早焼きコースで試してみるコトに。約3時間位。

子と粉や砂糖をこぼしまくりながら
釜にレシピ通り入れ、セット完了。
スイッチオン。

スタート音の後、パン焼き機がゴトゴト云い出しました。
材料を混ぜ、こね始めたようです。



そして無音。
子はいちいち気になるようで、
上蓋の窓(コレがまた三日月型でかわゆい)に顔をくっ付けて
ずーーーーっと中を見ていました。

「お前は3時間ずーーーっとそうして見てるのか???」

何とかその場から離して風呂に入れましたが、
やっぱりいちいち気になるようで何度とズブ濡れで風呂から飛び出しては
パン焼き機の窓に張り付いてました(笑)

何か、家にペットでも来たかのような盛り上がり振りです。

そのうち部屋中があの美味しそうなパンの焼ける匂いに包まれ…


覗けばイイ感じに焼き始めてます。

「ウヒー良い匂いだなぁー」

あと何分、あと何分とカウントダウンを始め…そして



完成~


切ったらこんなカンジ


釜底に生地をこねる為の羽根を取り付けるのが
パンの中に入ってしまうので、ソレを取るのに穴が開いてしまうのですが…
ま、自分達で食べるからソコは気にしない。
(コツが解ればもっと上手く出来るかと)

外はカリカリ、中はしっとりフワフワ
焼き立てパンの味は最高でしたo(^▽^)o

夕飯死ぬ程喰ったのに、家族で一斤喰い上げちゃいました。
市販のパンだと耳は喰い切れない子が、すっかり耳まで喰い上げてましたよ。

いやー藤乃。コイツはオススメですぜ
全然面倒ぢゃないし、何だかシアワセな気分になれます。

何しろゴトゴト云って生地こねてる時や、生地寝かせるのに急にシーーーンとなるのが
何か「頑張って働いてる感」があってかわゆいです。

昨年に続いてまたしても電化製品のプレゼント(笑)
昨年はポータブルDVD(ワンセグ)でしたがコレも今だ活躍しています。
このホームベーカリーも活躍してくれるコト間違いなしです。

今度は全粒粉パンを作ります。

藤乃、今度是非焼き立てパンを食べに来て下さいな。
(送るとカチカチだろーからねぇ。笑)






そしてそして、ブルーの箱ですが

オーガンジーゴールドのリボンを外すと
ブランドネームが入ってます。


(この写真だとグレーぽく見えるね)

錫(ピューター)製品を作ってるブランドなんですコレ。

ワタシはシルバー(銀)製品が好きで
アクセサリーは大概がシルバーです。

過去羽振りの良かった頃はプラチナやホワイトゴールドに散財しましたが(笑)
ソレでもやはり銀製品の魅力は衰えずでした。

そんな中デザイン優先で探し物をしていて
フと目に留まったのがこの錫製品。

銀製品などの模造品と、悪く云ってしまえばそうなんでしょうが
錫は緑青が出たりせず傷にも強く、装飾品としたら肌にも優しい。
なので近頃、人気になって来ています。

…で、一目惚れしたデザインがコレ♪


三日月型なんですコレ♪

ほらほら、よーく見てみて下さいな。
このブログの「白昼夢」のイラストに形がソックリでしょう?

…ちなみにこの錫製品。
名前などを彫ってくれるサービスがあるんですがね。
「白昼夢」ってイラストと同じように入れて貰えば良かったかなーーーっ(≧∇≦)

いや、嘘ですが(笑)

早速シルクコードを付けて
翌日からワタシの胸元で光ってます


…色々光り過ぎてますが気にしない(笑)

いやはや、かわゆいかわゆい

今回もまた、大盛り上がりなプレゼントを
ありがとうございます藤乃

大切にしますね
…2月25日夜。
藤乃からの誕生日プレゼントが届きました♪


(バリィさんのスリッパと比較して~)

毎年ですが、すごいデカイ箱です。
開けたら藤乃が入ってんぢゃねーかと思う位の。(笑)

で、ウキウキ開封~(≧∇≦)



箱いっぱいにまたデカイ箱!
ホームベーカリー

…と、オレンジ色の紙袋が入ってる?!

デカイ箱の中にデカイ箱で、デカイ箱からデカイ箱を取り出すコトが出来ず
家族総出でデカイ箱からデカイ箱を取り出しました。
(何回デカイ箱云うー)



ホームベーカリーと、マカロンと、
そしてゴールドリボン付きのブルーの箱。

ホームベーカリーは以前から藤乃に
「パン焼き機ホシイんだよねぇ」と話してました。
藤乃ん家でも欲しいと話題に出てるらしく、
「ではお揃いでどう?」と云ってみましたが。

ウチで上手く出来るか様子見てから買うかなー。(笑)

ではパン焼き機についてはあらためて書くとして…

マカロン♪


マカロンって、何でこんなに綺麗な色してるんだろーな。
昔の合成着色料ガンガンのお菓子みたいな危険な鮮やかさなんだけど
コレがいっぱい色とりどりであると、ものすごいハッピー感があるね。

フランボワーズ、ミルク、シトロン、ピスタチオ、チョコレート…

黄色のシトロンはやっぱり子に食べられちゃいましたが、
(フランボワーズは絶対死守)
それぞれハッピーな美味しさで楽しめました

馬車道のお菓子屋さんのマカロンだそう。
また、遊びに行きたいな。。。


ブルーの箱続きに。。。




届きましたーっ

藤乃からプレゼント~っ♪


ありがとうございます~ぅ(T ^ T)


…詳細はまた週末にゆっくりと。
m(_ _)m


伊勢佐木町の商店街、伊勢佐木モールから横にはずれて
風俗街、呑み屋街など派手な看板犇めく通りを歩き、
途中古き良きアメリケン(笑)な小さいお店の前へ。
何でも、ホットドッグが有名らしいお店。

「クレイジー・ケン・バンドのケンさんも来るらしいですよ」

にゃに⁉︎ (←ケンさん大好き)んー入りたい。が、ケーキ喰ったばっかしだし…

「また今度」の店がまた一つ増え、ブラブラと野毛方面へ。

川沿いの小さな呑み屋が密集する不思議なエリアから再び伊勢佐木モールに戻り、
いい加減足も疲れ喉もカラカラになり最後のお茶休憩。
ソコで、ワタシは藤乃に是非読んで貰いたい本を。
藤乃は某氏から譲り受けた写真集とDVDをワタシに貸してくれました。
(オマケに快楽亭のディープなCDまで貸してくれた笑)

ワタシは過去のヨコハマの娼婦達を記した本を藤乃に渡したのですが、
藤乃から借りたのはまさに「ヨコハマメリー」の写真集とDVD。

メリーさんのヒストリーは本から知りまして、
10年程前にドキュメンタリー映画を公開してたコト。コレは知っておりました。
が、公開当時は子育てに追われ残念ながら観に行くコトが出来ませんでした。

貸してくれたのは、その映画のDVDでした。
(しっかしこの某氏。色んなモン隠し持ってるな感心笑)

メリーさんは長いコト伊勢佐木町に立ち、
あちらでは「アイドル」こちらでは「厄介者」の二面で過ごしていたそうです。
晩年は生まれ故郷に還り、ホームで暮らしたそうで
メリーさんを援助していたシャンソン歌手がその後のメリーさんに会いに
ホームに行くまでのストーリーになっています。

…ワタシは立ちんぼではないですがね。
「裏稼業」しててその世界である程度名の知れた女性って、
その後はヤケに美化されて伝説化されますよね。

でも、ジッサイ本当にそうだったのか。。。

そしてワタシはメリーさんって、結局のトコロ「幸せ」な余生過ごされて良かったね。と思いました。

家族や身内にも見捨てられ、寄り添う相手も無く
金も無く行くアテも無く掃き溜めのようなトコロで人知れず野垂れ死にする…
そんな女性だってあるでしょう。

メリーさんは結局のトコロ、身内にホームを世話して貰えて
温かい部屋と温かい食事を貰えて最期を迎えれたんですものね。

映画の最後に、厚化粧を取った自然のメリーさんがソコにいました。
映画を観た大勢の方々が、この姿に涙したそうですけどね。

ワタシは、泣けませんでしたよ。

多分、ココで涙した方々って
きっと本当に独りになったコトの無い、「恵まれた」方々なんでしょうね。

…と、敢えて悪態をついてみます。笑

ワタシが好きなのは
メリーさんもジプシー・ローズも西成のSMの女王も
その世界で華々しくしてたその風景。その勇姿のみ。
もう見るコトが出来ないあの時代に、それぞれのディープゾーンに
華々しく闊歩しているその姿に憧れるのです。

こんな女に誰がした

全ては自分。自分なんですよ。
どんなトコロで産まれようと、育とうと

全ては自分。


…ぃや、藤乃。
今回は久しぶりに、ドキドキワクワク感満載なぶらり密会でした♪

以前仕事にかこつけて行った、大阪ディープゾーン探訪以来ですね。
(そーいや伊勢佐木町と、何か似てる気がする)

タイムアップ体力限界腹満腹で行けなかったトコロもまだまだありますし
何度行っても楽しそうなトコロなので、是非第二弾行きましょう♪♪♪
この、伊勢佐木町ぶらり探索中の小休止に
交番にまで立ち寄って見つけてくれた洋菓子店を藤乃が案内してくれました。

「この辺で美味しいケーキ屋さんって、有名なんですよ

清潔感溢れる洋菓子屋さん。中でケーキを食べられるらしい。

以前のワタシは喫茶なんてぇのは、煙草と珈琲さえ飲めりゃイイと思ってました。
今しなの禁煙喫茶なんて「有り得ない」。

が、当然店内禁煙なこの洋菓子屋さん。
ショーケースに並んだケーキを見たら、そりゃあ喰いたい。
で、ケーキを選ぶのだがどれも美味そうで決められない。
しかしケーキは一度に2個も食べられないよ。かわいそうね月ちゃん。

「半分こずつ、にしましょうか?」

あーなんて良い嫁だ藤乃。←だからワシの嫁ぢゃあねぇんだ(TДT)

で。頼んだケーキ達。

…藤乃、写ってるぞ笑

すいませんこの頼んだケーキ達。
名前とかスッカリ忘れてしまったワケですがー

でもねでもね。
一口食べた途端、小さい頃に食べた懐かしい味が口の中に広がって
一瞬頭の中が遠いあの日に帰ったようになりました。

…が、実はワタシ。昔はケーキ嫌いでね。
何だろ?生クリームかな。あの味が苦手だったんですよ。
脂っぽい匂いかな、味なのかなー…その甘さが嫌だったんですね。

しかし!確かに「あの頃」を彷彿させる味ではあるのですが、
この店のケーキは全然嫌な味ぢゃあナイんです。

美味しい美味しい

一瞬過去にタイムスリップしたのに美味しい。
もし、このケーキをあの頃に喰ってたら、きっとワタシは早々に百貫デryo…

…そう云えば昔はマヨネーズもソースもケチャップも嫌いだった。
洋風なモノ、随分改良されたんだな。とあらためて思ったり。

まだまだ食べてみたいケーキ達。
お土産に買って帰りたくも探索途中だし閉店も早いそう。

また今度にと固く心に決めて、ご馳走様でありました。
(お店の方もお人柄が良いカンジで、本当に良い洋菓子屋さんでした。素敵♪)

次へ続く
黄金町からブラブラと、でも喋りは止まるコトなく歩いて行ると
フと賑やかな通りに出ました。

伊勢佐木町です。

微妙に浅草六区の辺りにある商店に似たような雰囲気を感じましたが(商品が)
…ぃや、またソレとは違うか。

藤乃に誘導された先に、こんなのがありました。



ぅああ~青江三奈様だぁぁ~(TДT) 感動~ぅ

「コレ、ココ押すと唄流れるんですよ~♪」と藤乃。

教えられたトコロを押して、よ~く耳を傾けてると

「うふ素敵でしょ?青江三奈ちゃんと、何やらアヤシイ声。
いつの間にやら「ヘンなおじさん」がワタシの横にはりついてた。

既に藤乃の気配は…ない。(逃げたな)

そうしてるウチに伊勢佐木町ブルースが鳴り始め…

タラッタタララランララン♪
「あ゛ぁ~ん あ゛ぁぁ~ん」♪♪


ヤバイと思うも遅し。
三奈様の喘ぎ声に合わせて、おじさんまで過剰に喘ぎ出しやがりました。( ̄▽ ̄)

ホントは笑ってあげたかったし、
一緒に喘いで唄ってあげたかったけど
今日はそんなヒマはない。(構ったら長くなるからね。こーゆーヒト。笑)
ガマンしてスルーしてたらいなくなりました。


…そのすぐ近くに黒澤映画「天国と地獄」にも出て来る
「根岸屋」と云う大衆酒場跡がありまして大興奮。
駐車場になってましたが、その広さから再び「透かし見」を。

あぁ。古きディープな世界。。。

そして藤乃に案内されながら
メリーさんがよく利用してたと云う化粧品屋さん、デパート、本屋などを見ます。

地方…なんて云ったら大変失礼なのですが
こう云う地域にある昔ながらの百貨店って、小さく豪華に造ったりしてあって
ソコが何とも云えない。大好き感。
本屋さんも今ぢゃ絶対造らないだろうな。カッコイイです。

こんなトコロが近所だったら、ワタシだって毎日さまよっちゃうわ。


次へ続く
腹も膨れ、ホントはこのまま昭和な喫茶店にて
時間を忘れて喋り倒したい気を抑えて、いよいよ探索に出掛けます。

黄金町駅に戻り、その高架下の辺りが
今密会の目標「第一ディープゾーン」。
YouTubeやブログサイトなどに上がってる動画や写真などで少しは見てましたが

いわゆる「ちょんの間」の名残のあるエリア。
小さな店が並んだソコは、今や若者などがバーやカフェを営んでました。

知らないで来たら
「あー。こーゆーのって今、御徒町とかにあるよねー」と云ってしまいそうです。
が、知った目で見てしまうと
今ある店を透かして、その間取りの中に過去の風景を想像してしまいます。

そんな邪心があるからこそ、カメラを向けるのは躊躇してしまいます。(笑)

川沿いの高架下はそんなカンジですが
一つ路地に入ればもうそんな店はないにしろ、
何だか妖しいニオイはその古い建物などに、道に、未だ漂ってるカンジがします。

小雨パラつき、ちょっと冷えて来ながらも
藤乃との喋りに熱くなりながら、橋を渡って川向こうのエリアへ。

「アッー‼︎(←云ってない脚色爆)エェェーっ無くなってるーっ‼︎ヽ(゜▽、゜)ノ 」

ナニかと訊けば、ソコにあった「ハズ」のモノが無い。と。

黄金劇場だそーです。

ワタシはこの黄金劇場は結局一度も乗ったコトはなかったのですが、
藤乃は随分と乗ったんだそうで。

建物はあるけど看板はモチロン、
藤乃云うトコロの雨除けの屋根やら何やら、
外観にあったモノがサッパリ無いんだそうで。

オマケに…ヒトの気配も無い。

廃墟みたくなってました。( ゜゜)

少し離れたトコロにある風俗店の呼び込み(か?)の方が
不審気にこちらを何度と見てるのお構いなしに
(そりゃそーだ。妙なオンナが二人廃ビル前でギャーギャー騒いでんだから笑)

ガラス外された開けっ放しの窓を何とかしてよじ登ろうとしたり(不法侵入かよ)
その窓すっごい高い位置にあるにもかかわらず
小っさい二人で必死にジャンプして中見ようとしたり。

写メ撮ったり動画撮ったり(藤乃がー)。

が、結局どーするコトも出来ず終いに飽きて退散。(コドモかよ爆)

藤乃に案内されながら、あちこちキョロキョロしながら
次に向かったのは「横浜日劇跡」。

しかしココも既にライ◯ンズマンションかなんかになっていて、
知らないで来たらただの住宅地状態。
(向かいに小さな映画館ありましたけど、ココも近代的)

昔大好きだった「濱マイク」。
(ワタシが好きなのは映画の第一話。モノクロフィルムのヤツだけ)
そのシーンを思い出しながら透かして風景を重ねても、最早ピンと来ない。

俺の名前は濱マイク。本名だ。

…う~む。

でも。
想像していたよりも黄金町エリアは小さくて、
その小さなエリアにぎゅっと濃厚なニオイがまだ少し残っているような
妙なディープさがありました。

…もっと秋らしい陽気だったら、もう少し時間かけて探索出来たな。

そしていよいよ、メリーさんの足跡を追いに伊勢佐木町に入ります。

次へ続く
横浜駅から乗り換えて、黄金町へ。

手前の日ノ出町駅は踊り子初期にはよく通いましたが、
黄金町駅はワタシにとって未開の地です。

日ノ出町駅ホームの風景は多分あの頃と変わらずで
時間が止まったような空気を感じましたが、
黄金町駅は駅自体か失礼ながら想像に反して何だか綺麗で藤乃が待っててくれてるハズの改札口に
ちょっとピンと来ない気持ちで向かいました。

改札出たトコロで藤乃と久々の再会
相変わらずキレイな髪だなぁ(←ぃや、髪だけぢゃないけどょ)
と内心思いながらも、体調を心配したり。

「すぐそばに良さそうな喫茶店があるんですよと藤乃。
いつも前もって良いカンジの店をチェックしといてくれてる。

実に良い嫁だ。←ワシの嫁ぢゃねぇんだ(T ^ T)

駅のホントすぐのトコロに、
ホントに良いカンジに「昭和40年代的」な喫茶店があり
「ぅおー入ろ入ろー♪」と、迷わず入りました。

注:この密会では、新たな地や再確認の地を訪れる(見る)必死さと
相変わらずの藤乃との止まらない会話にて写真撮影はおろか、
行った先々の店の名前すら記憶し忘れました。


「とりあえず米食べたい」と云う藤乃と
「マックでも何でもイイ」と、いつもながらのワタシが注文したのはコレ等。


藤乃が頼んだ飲み物はレスカレスカ

次へ続く
…藤乃が以前血迷言に書いてた「ハマのメリーさん」の話。
記憶に間違いなければ、随分前にワタシはこの方を見たかもしれないのです。

アレはまだワタシが踊り子になって間もない頃。
当時野毛にある劇場で一緒だったお姐さんに誘われ、
長い待ち時間に伊勢佐木町まで散歩しに行きました。

お姐さんの「身の上話」を聞きながら伊勢佐木町の商店街に着いた頃、
何やら「真っ白」なお婆さんが視界に入りました。

ただ…この時はあの辺りで有名な方とも知らず、
またお姐さんの話の腰を折るのは失礼と思い
ハッと目にしたけどパッと目を反らしてお姐さんの話に集中したのでした。

…ソレはホンの一瞬のコトでした。

当時の記憶はあまりに遠く、よく思い出そうにもぼんやりとしてしまい
もしかしたらワタシ自身、「幻覚」を見たのかも。。。とも思ったりします。

しかし。
京浜地帯って、ワタシの記憶ではメリーさんみたいな…と云うか
あんなカンジの老齢な女性って、以外と「いた」んですね。
(かく云うワタシも京浜地帯育ち)
メリーさんみたいな「全身真っ白」ではないけど
「真っ赤」「真っ黒」「真紫」「真っピンク」「配色メチャクチャ」…
で、皆さんお化粧は顔と首の色がまるで違う程の「ほぼ白塗り」。
唇は真っ赤か当時で云うトコロの朝鮮ピンク。(古過ぎ誰も知らねー爆)

東京の山の手辺りぢゃ、
白髪をラベンダー色に染めて、森英恵のラベンダーグラデの眼鏡して
パウダーカラーの服に身を包んだお婆さんなんかもよく見かけましたが
コレはまたちょっと違うね。

…何だろ、明らかに「何かちょっと違う」お婆さんって結構見たんです。
(ちなみに、「変なおじさん」ってのもいっぱいいました)

メリーさんはそうではなかったのでしょうが、
昭和の頃はジッサイ、奇抜な身なりをして奇声を上げる女性や
そのあまりの風貌につい見てしまい目が合ってしまうと

「何ジロジロ見てんだっ‼︎」
怒鳴りつけられたり、追いかけられてしまうコトなんかもあり…

「見てはいけません」的トラウマが、どこかワタシにはあったようです。


…以前舞台で「昭和えれじぃ風」を創った際に
「港町」「裏通り」「こんな女に誰がした」とイメージしていて(笑)
ちょっとヨコハマ辺りの「裏のハナシ」ってのを調べたりしてました。

GI、酒場、チャブ屋、ちょんの間…
酩酒屋、赤線、立ちんぼ…
こうなると出て来るのは「日ノ出町」「黄金町」「伊勢佐木町」「本牧」なんかですが、
ワタシがイメージしてるのは波や汽笛の音が聴こえる港町。
そんな路地裏の小さなBAR…(そしてその二階は…)

ま、そんな妄想は良いとして。
ソレに併せて異人娼館なんかも調べていて、メリーさんの話もちょっとだけ知りました。
(本牧チャブ屋のお浜さん。とかも。←メリーさんと混同して記憶しちゃったり)

ただ…もうこの頃は子もいたし
その手の散策、探訪をする自由もなく結局はアタマの中だけで終わってしまいました。
そして血迷言の書き込みに久々に脳神経を刺激され、
「是非次回の密会はヨコハマディープゾーンで」と
半ば強制的に決定し、決行したのでありました。


次へ続く
どへー何だかんだで遅くなってしまいました。
毎日通勤電車で書き込みしようと思うもスマホ握りしめたまま爆睡してしまい、
帰宅後は慌ただしく寝る前にと思うもスマホ握りしめたまま爆睡。

休日は休日で用事があり、
「夜更かし出来るから( ̄^ ̄)」なんて思うもスマホ握りしめたまま爆睡。

マックス老(T ^ T)

予定通りなら「第二弾」決行間近なのでいよいよ上げなアカン(´Д` )


…10月も半ば過ぎの週末。
本来は9月を予定していたモノの、
子の入院やワタシの「燃え尽き症候群」(ナニソレ)にて
一ト月ほど延期にして貰いまして。

いよいよ藤乃との久々密会当日。ソレもぶらり外密会。(*^^*)
ソレまでは晴れて暑いような秋であったのに、
日が近くなるに連れて気温が下がって行き終いには雨の予報まで出始めた。

前日深夜までLINEで藤乃とゴチャゴチャ打ち合わせ。
「おやすみなさーい」から10時間後
>「おはようございまーす」と藤乃から。

睡眠のタイミングが良くなかったらしく、吐き気もよおしちゃったらしい。

急に寒くなったし、また雨の予報も出てる今にも泣き出しそうな天気。

>「少し遅らせて下さい´д` ;」
「無理なら遠慮なく云って~」と返信しながら、
ワタシは既に横浜行きの電車に乗っておりました。


目指すはヨコハマ。黄金町です。


次へ続く
…が強かったのか、
帰りの電車内で検索に没頭して刺激に追い打ちを掛けてしまったのか…


帰宅したら60歳位に老け込んでた。
(枯れなめこみたくなってた)


今夜こそ早く寝よう。
今日は密会時に藤乃のスマホバッテリーが切れてしまった為、
帰り電車でのLINEバトルは断念。

なので今から藤乃に教えて貰った
「日本の暗い闇」について勉強します。

未だ心臓がモヤモヤ中。
密会ならず公開デート。笑

久々に快晴だわー
ホントは今日は雨の予報が出てたのに(一週間前は)。

珍しいわー
届いたわー塩ケンピーーー(≧∇≦)



2箱も

藤乃ありがとうーーーっ( ^Θ^ )♪♪
曰く付きのスヌードは置いといて。(笑)

ワタシがアッーーー!!と思わず奇声を上げてしまったのは
この背中を見たからでした。


「フランケン・ウイニー」のスパーキー

や、確かにね。
映画観てウチには既にぬいぐるみ3匹、ストラップ1匹います。

そしてそうこうしてるウチに「ted」がヒット。
藤乃には
「買った途端に姐さんからテッド話が出たんで
「アイタ」ってなりましたが」

と云われましたけどね。

ソレはソレ。


見て見て箱の中に骨あるよ骨♪


よーく見ると一番右にちっこいのいます。
左の銀の箱はDEMELね

かーわーいーい♪

藤乃。今回もまた、そして今回はまた非常に衝撃的なプレゼントを
本当にありがとう(*´∀`*)
大事にしますね♪
賑やかなプレゼント達の中にひっそりと入っている封筒がありまして。



「ん?なんぢゃコレ。カブラキ…ってそう云や藤乃観に行くとか云ってたな」
と丁寧に開封。
中から出てきたのは極彩色の艶やかな双六でした。

切り取り線に沿って抜くと、
サイコロと羽子板型の駒になるシートも付いていて
すぐに遊べるようになってますが



コレ…よーく見るとさ
木乃花開耶姫が振り出し、上がりが玉藻前。
途中にお七だ清姫だわ地獄太夫だわ…

艶やかなのに、なんだかおどろおどろしい。

「時代美人」と云うモノの、
悲劇な幸薄な話の中やオカルトな女子ばかりであります。

コレ、どんな気持ちで双六するんだろーか。(笑)

ま、綺麗だし勿体ないから大事にとっておくわ

トコロでワタシ。このカブラキも好きなんですが、
いつもこのカブラキが先行してしまって名前を忘れてしまう
大好きな「きもちわるい画家」がいます。

その人の名は「甲斐庄 楠音(かいのしょう ただおと)」


「二人道成寺」甲斐庄 楠音
スミマセン勝手に抜粋~


この人の絵画展やったら
藤乃、是非一緒に観に行こう☆

続く
ポータブルDVDプレーヤーのおかげで毎朝イイカンジで過ごせるようになっての2月。
誕生日前日に「クール宅急便」が届きました。

なんかまたやたらデカイ箱なので配達のお兄さんに訊くと

「見た目デカイですけどすっごーい軽~いですよ(^^)」と云う。

確かに…軽い。そして冷えてる。(゚∇゚)

送り状見ると藤乃の名前が記載されているので
「ももももしや第二弾ってコレのコトかっっっ!」

…そう、ポータブルDVDプレーヤーを戴いてから
藤乃とのやり取りの中で第二弾とゆう言葉が出ていて気になっておりましたが…

静かに様子を伺う家族を無視してガツガツ開封。

アッーーー!!


なんかいっぱいはいってるぅーーーっ(〃∇〃)

チョコだの、綺麗なのになーんか暗いシチュエーションな双六(笑)、
曰く付きのスヌード(笑)…

そしてそして、リアルでかわゆすスパーキー


(あ。スヌード入れ忘れてますね)

チョコはホントに旨かったです。
多分ワタシが喰ったDEMELの中で一番好きなフレーバーです
10個くらい喰いたいぞ。
(くわしくは以前上げてますソレ参照~)

いや、ものすごいサプライズにホント参りました。
脱毛です!
ち、ちがう脱帽っっ

続く
仕事から帰宅後。やたらデカイ箱が届いてたー。



モチロン中身は判っているモノの、
想定外にデカイ箱で少々驚くも一瞬。
ソッコー開封しまうま。



ワンセグ付きポータブルDVDプレーヤー

うれちい。(T^T)

藤乃曰く、
場所によってはTV入り辛いみたい。だそーですが(レビューで見たらしく)
やっとちゃんと操作出来る時間が取れた数日後。
ドキドキしながら確認しましたが無事TVもシッカリ見れましたー(^o^)/♪

誕生日から2週間も早く戴いてしまいましたが、
おかげで早くに快適な毎朝を迎えるコトも
、子と家人が出掛けた休日に
独りノンビリ観たいDVDを堪能するコトも出来るようになりました♪

平日は子が暖房の効いた部屋で、DVD三昧してるようですが…
「○○ちゃん(藤乃の名前)がおっかさんにプレゼントしてくれたんだよね♪」
丁寧に扱ってくれてますよ。(当たり前だ)

ありがとう藤乃

ココに上げるのだいぶ遅くなってしまいましたが、
大事に使いますね


追記:既に大事に愛用させて戴いておりまつ(*´∀`*)

3に続く
1月の半ば頃。
LINEでのトークで連日のように盛り上がって(?)る最中藤乃から

欲しいものリスト送って下さいねー と。

欲しいモノは色々あれど、
藤乃からそう云われると色々悩んでしまふ。
(昨年はバッグか本棚か。って話したら
両方届いたーーーっつう衝撃の事実ありますから。)

で、色々悩んだ末藤乃に相談してみました。

我が家にはTVが一台しかなく、
殆どが子の見たいモノで占拠されています。
仕事で今や朝5時半起床なので、支度は自分のテリトリーでしてます。
(以前は食卓用テーブルを使ってましたが、家族の朝食時間と重なる為移動です)

ダイニングから聴こえて来る朝のワイドショーのニュースが気になり、
支度中断してTVに見入るコトしばし。
やむなくスマホでTV見てました。

が、DVDは観れないワケで。

ワンセグ付きのDVDプレーヤーが欲しいのだけど、値段がね…

姐さんがソレがイイなら私はイイですよー。品番とか教えてくださいね♪
と藤乃。

何ぃぃぃイイのかーーーっ!(=゚ω゚=;)

しかし、こーゆーのに疎いワタシは
「どれがイイ」のか皆目ワカラズ。
ヨドバシカメラでとりあえず「見た目」(金額もリーズナブル)で選び
そのチラシを貰って帰り再び藤乃と相談。

「じゃ、コレにします?」
「へい、ソレでおながいしまつ(´・ω・`)」
「注文しましたー」

早っっ!!

…そして一週間程経ったかの頃。
藤乃からお疲れ様ですとLINEが。

>スミマセン明日届いちゃうそうです と。

何でも注文先は日時指定が出来ないらしく、
早々に「発送しました」メールが藤乃のトコロに来たらしく。

ま、ワタシ的には早く戴ければ
その分早くTVやDVDを好きなだけ観れるワケで。(〃∇〃)

有り難く了解し、その翌日到着致しました。

続く
<血迷い言>より


><DEMEL>ですから、やはり王道のザッハトル テも考えたんですが
>隣にあったこの「ハーゼルショコラーデ」のパ ッケージの可愛さに即決


先日の残りを一瞬で喰らいながら
「ヴァージニア」(byコッポラ監督)と謂う映画を鑑賞してました。
ヴァージニア可愛い
バル・キルマーは肥化激しくてオカルトでしたが…←昔好きだったのにぃ
(や、すみませんヒトのコト云えない)

チョコ届いた時に
>思わずパケ買いしました。と藤乃から。

このパケ買いを一瞬理解出来ず

「あーお客への義理チョコ量産買いした残りなんだな。しかしオシャレだなー」
と、馬鹿妄想。

喰らいながら写メ撮りながら(先日)
「あ。(゚゚)そーかパケ買いパケ買い」と
あらためて綺麗な銀の箱見ながら反省してました。
(一体ナニと勘違いしたのか不明)

ヴィヴィアンみたいなモチーフだけど、
ホントに綺麗なパッケージ。
DEMELは箱が好き。箱買いしてしまいますね確かに。

ウチには以前買った箱達が、
簪入れとか、帯留め入れとかになってますよ♪
(一つは子の宝箱になってまつ)

この銀の箱は、新たなワタシの宝箱になるコト確実です
藤乃から戴いたチョコ♪チョコ♪
ウキウキ開封しまうま。



お!
一口サイズのチョコが4つ位入ってんのかと思いきや…



何かカマンベールチーズみたいに一瞬思う。

で、とりあえずフォーク刺してみた。
やらかいのかと思ったら…



ザクッと割れた。
ヘーゼルナッツとピスタチオいっぱい。


うまーーーーー


…もったいないから、今日は半分。
後は明日にしよ。
先日藤乃から届いた誕生日の贈り物と一緒にさりげなく入ってました♪



銀の箱。コレはDEMELではないか(*´∀`*)

今夜戴きます♪

ありがとう藤乃

お返しはWhite Day でね
クロネコヤマト最終便が来た。



藤乃から

何かいっぱい入ってるーーーっ(≧∇≦)

ありがとー藤乃(*´∀`*)

詳細はまた後程。
(スミマセン明日仕事だけど寝坊クセついてしまってちとコワイんで寝ます…)
「明けましておめでとうございますー」
と、藤乃より丁寧なご挨拶を戴きながらも
その後は変わらずのマシンガントーク。
混雑する中をぬって、いつものファミレスへ。

しかし、こんな時期だし昼の時間でもあるしで「全席禁煙」。

ま、どこ行っても同じだろーし
目的は「しゃべくり捲るコト」ですから。
とにかく座って落ち着きたいワケで。
(近頃我慢強くなりました。笑)

近況報告や今思うコト。
昔話に盛り上がり懐かしの踊り子の名前を思い出すのに悶絶したり、
まぁ相変わらず呆れる程に話は尽きず。(笑)
あっと云う間に2時間経過。

今日はとにかく、家に来て貰わなきゃ意味がない。
ドリンクバーのおかわりをしたいトコロだけど、店を出て家に向かいます。

その道中、せっかくだから八幡様へお参り。
藤乃とココに詣ったのは、何年か前の夏でしたね。二人で浴衣着て…(懐)

家に着いてからも、怒濤のトークバトルで
真剣になったり、大笑いしたり
(「アレあった?」問答は面白かった。またやろう。)
とにかく色々話題満載で時間はあっと云う間に過ぎて行きました。

トークバトルしながらも「今日の目的」はシッカリ果たせたし、
やっぱり藤乃との会話がワタシには誰よりも一番気兼ねなくて楽しい。

いつもありがとうね。藤乃。

まだまだ話足りない気持ちなまま、タイムリミット。
また、近いウチに絶対会いましょうよ。

そーそ。
我が家に来て我が子に会うなり「お年玉」をくれた藤乃。

「お年玉あげるの初めてなんですよーなんて云いながら。

子がすごーく喜んでましたよ。
ワタシも感動しました(笑)ホントありがとう。

また自分勝手にLINE送り付けるから、
コレからも末永くお付き合いをどうぞヨロシクですm(_ _)m


 ありがとう
午後イチでいつもの駅改札で待ち合わせ。
藤乃に会うコトにアタマ一杯にしてた為、
ウッカリ子がまだ冬休みで
昼飯用意してやらなきゃなんないのを忘れてまして。(ヒー)

「コレで何か喰いモン買っといで」と
バタバタしながら500円玉を握らせコンビニに行かせました。

戻って来た子は、シッカリ500円で買える
「牛カルビ弁当(498円)」
嬉しそうにぶら下げて戻って来て一言。

「ホントは幕の内弁当が欲しかったけど
 お金足りなかったからコレにしたー」


チャッカリしてやがる。(幕の内弁当一番高い)

で、そんなコトしてるウチに待ち合わせ時間3分前に。
「改札口でぇぇ待っててぇぇ」とLINEを送りチャリかっ飛ばします。

…が。
我が地は都内でも初詣で正月はわやくちゃになるトコロ。
まだ5日だし、ましてや土曜日。(出店は15日位まで出てる)
駅前通りはきっと人が多いコトを今更思い出し…

やむなく通勤で使う駐輪場にチャリ乗り捨てて、猛ダッシュで改札口へ。

久々、藤乃と密会です。

続く