結局、早く上げないとイケナイ物は止まったまま。

…9月になってしまいました。

またまた間際になりましたが
恥ずかしながら告知をさせて戴きます。

来たる9月4日。(来週月曜日ですな)

先月BS2で放送されました渥美清の特集番組が
何と民放にて再放送されます。

「渥美清の肖像?知られざる役者人生」
NHK1chにて22時?だそうです。

先日番組ディレクターよりお知らせ戴きまして
民放では縮小版を放送する。とのコトでした。

「月子さんの場面は、カット(縮小)しない予定です。」

…や、ソレは良いとして。

縮小すると、内容が簡素化しないかと些か懸念しましたが
民放でも22時?23時半の枠になっていて
どうやらオリジナルに近いまま放送するようです。

「衛星放送ぢゃ、ウチ観れないよ」

と、お嘆き(笑)だった方々。
今度は問題なく観れるコトでしょう。

「古き良き」が好きな方。
ヒストリー番組が好きな方。

貴重な写真や映像も満載です。

お時間があれば是非。
43b5a922.jpg

燃えて咲き その間に伝う 艶やかさ

観るは花火か舞台役者か


(ちなみに写真は先日出掛けた花火大会にて。関係ねー)


…放送された番組での、最後の「語り」から
久々に、相変わらず下手な文句を読んでみました。

大変失礼しております。m(_ _)m

…今夜はバイトでしたので、「予約録画」。
帰宅後いそいそと観覧致しました。

そう云やバイト中、着音消し忘れ突然ケイタイが鳴り
たまたま他のヒト達がいないトコロにいたので電話を取ると

「写っとるでー♪今、踊ってるでー♪」

劇場時代の所属先のママからでした。(爆)

ま。ソレは良いとして。

…やー。泣きました。(感動?)

いやいや、ワタクシが出て…などでは無く
(当たり前だ。
 内容が面白くて殆ど自分の場面は素通り。笑。)

渥美清のヒストリーに泣きました。

古い映像や写真、映画の場面等盛り沢山で
さすがストックの豊富なNHKでした。

結局は最終回になってしまった48作目の撮影時に撮った
「寅さん」のインタビューは貴重な映像でした。
(渥美清はホントにこう云うのは受けないそうです。)

コレに泣きました。

ワタクシ個人的には、この番組はホントに保存版です。
(自分が…は関係無く)

このような素敵な番組に、参加させて戴けたとは
何と勿体無いやら申し訳ないやら

…ラッキーやら♪(笑)

番組ディレクター様。関係者様。
起用して下さり、本当にありがとうございました。m(_ _)m


…さて、ワタクシもいよいよ寝ます。

番組収録後記は、また後日。

あ。藤乃。

ビデオは貸しますが、
興味の無い方には響かないかと思いますよ。
その辺、ご了解ご了承下さいまし。


…では、おやすみなさい。
昨夜番組ディレクターから電話がありました。

一昨日ようやく制作完成だったようです。
(ギリギリ。笑。しかしお疲れ様でした。)


「渥美清の肖像?知られざる役者人生?」

と云うタイトルだそうで
本日20時よりNHK衛星第二放送で放送されるそうです。

「お知らせが遅くなり失礼致しました。」と。

いえいえ。
ご連絡戴けて恐縮でございました。
(大概その後音沙汰無し、ですからね。)



んで、
収録したシーンは「回想」的なイメージなので
その画面には名前等が出ない、とお断りを告げられまして。

いえいえ。
「チョイ役」「顔なぞ判らない」程度と考えていたので
そんなモン出るワケが無いと思ってましたから…。(笑)

が、
「最後のスタッフロールの際に、お名前を入れさせて貰いました。」と。

収録の合間に、ディレクター並びにスタッフ
参加する方々と色々とお話しをしてまして
以前「月丘雪乃」と名乗って舞台に乗ってた、と
お伝えしたりもしていました。

その、「月丘」で名前が出るそうです。

…ただ、ディレクターは

「月丘夢乃さんのお名前で…」

と、云っていました。(爆)

そうそ。
以前もよく、間違えられました。

「月丘夢乃」
「月丘雪路」

いちお、突っ込みを入れておきまして(笑)
ディレクターは「後でチェックしておきますっ」と云ってましたが…

その辺も「見もの」となりました。(笑)

と、云うコトで
いよいよ明けて本日。
見れる方はその辺を是非お楽しみに。m(_ _)m
先日藤乃に「代理告知」を頼み
その後すぐにソレに関しての書き込みをするつもりでしたが
先程も書いた通り、ダウンした上に忙しく…

もう、日も近いのでとりあえず「補足告知」です。



来たる8月4日夜。NHKBS2放送にて。

以前からココで、
映画「男はつらいよ!」全作放送と云うのをやってるのですが
途中お休みして、再び8月5日より放送開始なんだそうです。

で、その前日。(4日ですね)
映画放送前夜祭みたいので
主演の「渥美清」のヒストリーなる特集番組を放送するそうです。

以前も映画放送前に、特番をやってまして
(個人的に大好きなんでシッカリ観てる。その上ビデオ保存。)
その際は山田洋次監督や、倍賞千恵子さん、浅丘ルリ子さん等が
主演なさっていて、とても豪華な特番でした。

今回は「故 渥美清」にスポットを当てるようです。

…故 渥美清氏は、
下積み時代に浅草フランス座にて芸人をしていたそうで
番組では当時を回想するようなコーナーがあるみたいです。

その中で、
「ストリップショーの幕間コント」と
当時のストリップを再現する、と云うコトで
このコーナーに参加させて戴きました。

ワタクシ、実は
「浅草フランス座の踊り子」を夢見てストリップの世界に入りましてね。

…が、
無知な当時は劇場に飛び込むなぞ知らず
別ルートからこの稼業に入ってしまい、
やっと浅草フランス座に呼ばれるようになった頃は
もう劇場も終わりの頃…

残念でなりませんでした。(ははは)

そして自分も、舞台から降り…

ところが、
何の因果か突然今回の仕事依頼。

「面が割れる畏れあり」「なのにスッゴイギャラ安い」等と
依頼の時点で云われ…
(ワタクシは日に当たるのをもとより希望しておりません。)

そう云われても、憧れだった(乗ったけどね)舞台で
ましてや大好きな映画に関する番組に「携われる」のは
この上ない喜び。実に光栄であり

「ナニ寅さんっ?!んなら何でもイイからやるやる!」

…と請けてしまいました。(笑)

収録は実に幸運で、参加する大御所コメディアンの先生方や
有名な脚本家の大先生などの観る中
(コレは番組を観て下さい。お楽しみとして)
懐かしいが演芸場として改装されてしまった
浅草フランス座の舞台にて
たった3分間のストリップショーを演じました。

演じるは「40年前のストリップショー」。

何せNHKなので、「乳首」「下半身」はご法度。
(ちなみにタツーも。知るか。)

藤乃から借りた、ロデム嬢作の総スパンのドレス(赤提灯)の中は
まるで透けないベビードール。

ほぼ、「裸にならないストリップ」でした。(笑)

…色々と、この収録の際の話はあるのですが
こちらも番組放送しないと、
どんな「上がり」になるのか全く判りません。
(ちょっとだけ、カット割り程度しか映らないと思ってたのですが
 話ではそうでもナイらしく、後で焦りました。)

…まずは皆で番組を観てみましょう。(笑)

能書きや云い訳はそれから、ってコトで。

BS放送が観れる方。
多分もう宣伝等してると思いますので、
ソレでチェックしてみて下さい。

「寅さん」が好きな方なら尚更です。


ちなみに、ワタクシはシッカリ「月子さん」として呼ばれました。

そして何せ「40年前」がテーマなので
ショーは、かなり「ベタ」であります。

その辺をご理解なさった上、ご観覧下さいませ。

…ソレでは皆様、どうぞお楽しみに。m(_ _)m
バックレたい…(疲)


あ。

そうならないように藤乃、来てくれるんだな。

明日、宜しくお願い致します。m(_ _)m


本日は緊張と興奮、そして実に感動的な収録参加でした。

あまりのコトに、帰宅後ヘトヘトです。
今夜は全てを放棄して、もう寝ます。(一杯一杯で)

また後日、報告させて戴きます。

…では、おやすみなさい…


…っても今、準備中ですが。

昨夜は今日の準備や明日の「レトロ三部作」の準備で
ろくすっぽ寝れず。

今朝は早起きして準備の続きをし
すぐに剥げてしまう「赤いマニキュア」を塗り、
乾かしながら昼寝(コレは予定通りです)

…が

待たしても「寝過ぎ」の寝坊。 さっき起きました。

大慌てL(゜□゜L)です。←書き込みしてるクセに。


…あ。藤乃。

やっぱり明日の荷物は半分送るコトにしました。

道具や小間物多過ぎですよ。

後、問題は「酒」です。
売ってるトコロが近くに無かった…


…で。

「金太郎」になったそうですね。

「出っ歯」や「庇」にならなかっただけでも良かったのでは…?

て。まるでフォローになってませんね。m(_ _)m

では、準備して出掛けま?すっ。(急げ)


良かったです。


…が。レポはお預けなんですな。
楽しみに待ってるぜ。




で、そうそう。
先日手伝いに行った「ヘアモデル」の雑誌ね。

誉めてくれてありがとう。m(_ _)m

昔ね、何かのビデオのパッケージ撮りで(多分SM系)
こんなようなのに似た写真を撮りましたよ。

中身は別のヒトが出ていて、オレはパッケージだけなの。

その時はセットがもっと本格的でね。
本当にそういう家みたいなトコロでしたよ。

綺麗に髪を巻いて、化粧も豪華に。

んで、縄で縛られての撮影でしたがね、
試し撮りのポラがとても素敵で、貰って帰って来ました。(笑)

結局、撮られるだけで
完成品は見ずに終わっちゃったんですが、
今回のヤツはソレの「縄無し版」みたいな出来でしたね。

確かもう10年は軽く過ぎた話。
あの頃もこういう「高級感溢れた」モノが流行ってましたが
流行ってやはり、「還って」来るモノなんですかね。

オレ的には、こういうシチュエーションの撮影って
意外と経験してたモンですから(裸かボンデージだがね)
あまり「新鮮」なカンジではありませんでしたよ。

…で、今回のは「見えちゃダメ」でしょ。

ものっすごく不完全燃焼の状態で終わっちゃったんです。
(慣れってコワイぜ。笑)

撮影時って、藤乃はすごく解ると思うが
徐々に気分が増して行くモンぢゃ無いですか。

なのに1ポーズ1ポーズ、
「見えちゃダメ」出しが入るんですよ。(苦笑)

殆ど「素」の状態でした。

(で、やはり「お尻」がこっち向いた写真は
 ボツにされてますね。ちぇ。)


…しかし、今の撮影技術ってのに関心です。

当日は「月のモノ」に重なりコンディションが悪く
キャンセルしようかと思うばかりに肌の具合が悪かったのに
綺麗?♪になってますからね。

上がりが心配でしたが、余計な心配でしたよ。

…それと、
やはり「髪型」がメイン、
プロのスタイリングの写真ですから
「髪型」はスッゴく格好良いです。 流石、ですね。


だから、オレ的には実に「勿体無い」撮られ方だったの。
ソレが残念でなりません。


しかし、他のモデルさん達の殆どがバストアップの写真で、
隠してあるかのように、折り込んだ頁の中にあるこの写真。

折り込みの意味が解る、ようなカンジですね。(爆)


…あ、
こんなに話しても藤乃とオレしか解らないでしょう。
近いウチに「慕情」にて写真を御披露目致しましょうね。
(管理人藤乃様。 作業ヨロシクお願い致しますね。)

その雑誌は、美容専門誌の為
一部大型書店でしか手に入らないのでした。

雑誌の際に出版社のヒトに「くれ」と頼んだのですが
届くのに大分時間がかかる、とのコトで
先日直接出版社から注文をし、取り寄せました。

実は撮影終了時に、この出版社のヒトから
「お茶代」を戴いたのでした。

専門誌の為、ちょっと値段が高い。
ま、戴いたお茶代が「本代」みたいなモンでしょう。

藤乃に渡す分合わせて、2冊注文したトコロ
届いたのは6冊!もありました。

「そんなにいらねーよー」

箱の中を確認すると、
その号に付く別冊が2冊もありました。

だから6冊。だから一部約3000円。二部で約6000円。

いらねー。(爆)

戴いた「お茶代」より高いぢゃねーか。(爆爆)


…ま、でも
楽しかったし、上がりは綺麗でしたし、良しとしましょう。


あ、藤乃。

ソレはそちらで持ってても構いませんよ。
ま、邪魔になるなら
次回の密会「着付け講座」←月子先生(爆)の時にでも。


b04b41c0.jpg

昨日、いつも整髪して戴いている美容師の方から
(この美容師の彼はいわゆる
 『カリスマ美容師』ってヤツですな←古い。笑)

美容専門誌でのヘアモデルの依頼を受け出掛けて来ました。



しかし前日、書き込みに専念した上、その後藤乃とメール。
寝たの、朝の6時半でした。(だはは)

集合時間は午後1時なのに、おもくそ寝坊。(当たり前だ)
1時間前に慌てて電話すると
運良く他のモデルさんの撮影が延びていて、
遅れても大丈夫に。(ほ)

訊けばこの撮影、
オレが寝た朝6時半から始まっていたらしい…


代官山の、小洒落たスタジオで。

ヘアスタイルがメインの撮影なのに
オレの撮影プランは至って「エロ」色の強いモノでした。
(この撮影自体のプランは
 30代以上の『大人』の女性のヘアモード。なのだそうだよ)

だから、依頼があったワケだし、受けたワケですがね。

美容師さんとの話では
ノリノリで「脱ぐ」つもりでいましたが
出版社側から必死の規制が入り(笑)
とりあえず「透ける」程度で我慢でした。

いよいよオレの撮影が始まりました。

クラシックな小物類の置かれたセットにて
椅子にもたれた四つん這いのようなポーズで撮影。

デジタルで撮影しているので
撮れた写真をその都度パソコンからチェック出来ます。

画面に上がった写真は、Tバックのお尻が綺麗に写ってます。

皆で「良い」と頷いてる中
出版社の方が半ば震えながら

「コレぢゃ、ヘアモードぢゃなくって
 『お尻モード』になっちゃうよぉ?(半泣)」

と云ってます。(爆)

乳出しコルセットや、露出の多いのはダメならしく
渋々レースなどで何となく隠し撮影していると

「こんなの出したらA級戦犯だ」などと半泣き状態。(爆爆)

ノリノリなスタッフの方達に
「何でそんなにダメなのか」
問い詰められていました。(カワイソウにー。笑)

…ま、結局「頭髪」がメインな撮影なワケですからね。

(こうまで来ると「ヘア」が上なのか下なのかまで過敏に。爆)

過激なポーズも、露出も必要ないワケです。

ならば、何も「エロ」なプランなぞ立てずに
普通に首から上だけ撮影してれば良いんぢゃ…(云うまい。笑)


見開き2カットの為の撮影で、終わったのは22時でした。
(オレが入ってからほぼ8時間経過)


この撮影の為に先日から仕込んでいたエクステは
約200本もオレの髪に装置されていたそうです。

アタマ洗うのもセットするのも地獄。
1人ぢゃ纏めるのも必死で、
前日藤乃との仕事の際も、藤乃に助けて貰い
ようやく纏めるコトが出来た始末。

ホント、重いし、しんどかったです。

撮影が終わり
全て外して貰った後の爽快感ったらなかったです。
家に帰ってから、
心置きなくシャンプーしまくったのは云うまでも無い。


…ちなみに
エクステ1本平均600円らしく
つーコトはオレのこの何日間

約12万円分のエクステが装置してあったコトに!!

やーでも
12万円分とは云え、ストレスはソレ以上でしたぜ。(笑)


しかし、とても楽しい撮影でした。
和気藹々と、和んだカンジで。
「肝試し」状態の出版社T氏のガクガクブルブル振り(笑)は
かなり面白かったです。


こんな体験は、多分もう2度と無いでしょうな。

担当美容師S氏、スタッフの方々、
カメラマンH氏、そして出版社のT氏。

貴重な体験をありがとうございました。

上がりが楽しみです。
(エロ色が強くでボツなんてコトにならないか心配だが)




…そして明けて本日。

ついでに整髪して貰ったオレのアタマは軽い軽い♪

オレは「お洒落」だとしても
自分では絶対やらないと、確信しましたぜ。

エクステ、ちゅうモンは。


20041030001

ようやく撮りました♪♪♪

ツーショット写メール。

いつも「喋り」の奪い合い(爆)で
すっかり時間切れ、すっかり忘れ、で叶わずでしたが

先日の撮影日は、
「絶対忘れないぞぉ!!」と
堅く念じていたにもかかわらず

何処へ移動するも、携帯を車中に置き去り

帰りにやっと気付く有り様。

もっと早く気付いてれば
ケニー氏に頼んでちゃんと写メールを
撮って貰えたろうに…。

自分で撮ると、コレだ。


先日とある方が
最近のオレの「写真付書き込み」に
些かイメージダウンを起こしていると
情報が入りました。

確かに、「カメラ付ケイタイ」を持ってから
かなり悪ふざけが過ぎるかな、とは
思ったりしてましたが…。

しかし


オレはオレだ。


そしてココはオレの「場所」だ。
(藤乃の、でもあるが)


何をしようと「勝手」である。

ぎゃはは!!!


…と、開き直るのも勝手だが
せっかく初めて藤乃との「ツーショット」

もっと真面目に取り組むべきであった。






…かもね。(笑)

昨日は本当に楽しかったです。
お天気も良かったし(一時暑かったり)、
ロケーションは最高だったし(失神できず無念)
前日珍しく0時前には寝たお陰で
キツくもなく、満喫させて戴きました。

本当にありがとうございました。

藤乃、旦那サマ、そしてケニー氏。

せっかくの「素敵な喫茶店」では
みんなで虫だの生卵に付いた血だのと
気持ちの悪い話に盛り上がったのは
後で考えると妙ですが。(爆)

とにかく今回も、楽しくて最高でした。

・・・で、帰宅後
色々やらねばならぬコトをしながら
22時頃に食卓にて気絶。

よーく考えたら、次の日(今日)は
友人からの依頼でバイトをする日でした。

ま、午後からなので大変ではナイんですがね。

なので本日は朝8時半には起床して
サクサク元気に1日を過ごしておりましたよ。

朝、筋肉痛だったけどね。
きっと、寒くて足場の悪いトコロで
カラダ硬直したのが原因でしょうか、
(もうすっかり、怠けてましたから)
そして本日も、ハダカに近い格好で
ずーーーっと同じポーズをしたりしてました。
(コレの詳細はメールでお知らせしますね)

・・・また、昨日のコトはあらためて書きます。
今夜もさすがに眠い。

ではでは藤乃、咽を痛めたらしいがお大事にね。

ホントにありがとうでした。(ちゅー)
・・・まずは、今回の撮影に携わった皆様へ

ありがとうございました。m(_ _)m


んで、撮影後記。 いってみましょうか。
(細かい話は写真出来上がってからね。
 とりあえずはカンタンに。←っても長いぞ。)

・・・なにしろ朝4時半にお迎えが来るとのコトで(藤乃夫婦)
寝たら絶対起きれないだろうと思い、
が、しかし、少しでも寝てた方がイイかとも思い、

色々やってたら、アッと云う間に準備する時間になってしまった。

準備が出来て、少し時間があるので
横になって待っていようと、ゴロゴロしながら
ケイタイカメラで寝顔を撮ったりしてたら

「着きました~♪」 と藤乃からメール。

思ったより早いな、と思い
とりあえず電話をしてみると、電話の向こうで
爆笑してる。

ナニかと思ったら、ワタシが電話すると
以前送った写メールの画像が出るようにしてるらしい。

それも、すっごいカオのヤツね。(送った方が悪い)


・・・さ、いよいよ出発でやんす。

車に乗って少し喋ってるウチに、
気付いたらちゃっかり後部シートで横になり爆睡。
藤乃に「パーキングエリア(集合場所)に着きましたよ」と
起こされる。

フニャフニャに眠い・・・。

そのフニャフニャの状態で、ケニー&大野氏と初顔合わせ。

フニャフニャ挨拶して、フニャフニャしてた。
(実に失礼、である。)

「姐さんまだ、寝てんです。」 と藤乃がフォローしてくれた。

そしてまた爆睡。 現場に着いて起こされる。
朝、7時である。

思ったよりもさらっとした廃墟に入り
(藤乃いわく「初心者向き」だそうだ)
準備を始めようとしたら・・・

ヅラが、ない。

アタマの中が真っ白になってしまった。

衣裳を忘れたのと同じくらいの忘れ物である。

必死で意識を取り戻し、ヅラ無しで撮影する事にした。

・・・が、自分的には無しでの方がイイカンジだった
   ように思う。

廃墟でワイワイ撮影し、藤乃も混じって撮影し、
ケニー&大野氏のコントしてるみたいな会話に笑い、
ポラで撮った写真を見て感動し(すごく良かったっス)
場所を替えるコトに。

次は明治~昭和の小学校を公民館みたいに使ってるトコロへ。

・・・コイツがとてもステキな建物だった。
(写真撮ってくるべきだった。 興奮して忘れた~)

ら、「パン買いに来ただけ」 と大野氏。

中で手作りのパンや地元農家の野菜などを売っていた。

ところが、本日はお休み。であった。


次は山道の草むらにぽつんとある怪しげな祠に行く。

「ギャーこわいーーー」 藤乃がマジで怖がってる中
藤乃のご主人は淡々と祠の裏などをみて、

「時代はそんなに古くないようだね・・・」

と、云ってるのがワタシは面白かった。

そこで少し撮影した後、
古い土壁の納屋のような建物の前で撮影。

モノクロに写ったポラが、何とも云えない雰囲気だった。

「おばあちゃんのアルバムに貼ってありそうな写真」

なのである。

自分が写ってる、というのは別にして
その写真に、とても心を打たれてしまった。(感動)

明るくてオカシなコトばかり云っている(笑)
ケニー氏の撮った写真はそれとは全く逆にカッコイイんであった。

大野氏の友人の家に行く、というコトで
最後に向かった先は、何とも懐かしいような
古い田舎のお家。 だった。

出迎えて下さったのは、以外にも若いご夫婦。
ご主人が絵を描き、奥様は籠を編み
畑を耕し自給自足で生活しているのだそうだ。
(下の藤乃の書き込みにご夫婦のサイトに行けるトコがある
 ので見に行ってみて下さい)

・・・エグエグな連中か。 ま、何も云えないな~。(笑)

縁側でまず撮影。 
大野氏が勝手にストーリーを決めて盛り上がってる。(笑)

奥様が冷たい麦茶を持ってきて下さった。

・・・夏の炎天下のような日差しの中
縁側で戴く麦茶のなんと旨いコト!
この風景に感動、であった。

室内も貸して戴き、(またとてもステキなのであった)撮影。

ここでも見せてもらったポラは、古い雑誌の中の
写真のような出来。

とにかくワタシが求めていた通り、思っていた以上の
ステキな出来、であった。

・・・ケニー氏、ってあんなオモシロイのに
写真、スゴイや。(笑)


ステキな場所を提供して下さった行田ご夫妻にお礼をし
(本当にありがとうございました。)
無事、撮影は終了した。

あとは、出来上がりを待つのみ。実に楽しみである。

飯喰って、ケニー&大野氏と別れ帰路に。

途中パーキングアリアでお土産に
「ほうとう」と「信玄餅」「ニンニクチップ(爆)」を買う。

ワタシは終始、「遠足気分」であったのに
藤乃はせっせとワタシが撮影し易いように働いてくれ、
お陰で緊張しないでカメラに迎えた。
(ワタシは普通に写真を撮られるのが苦手なんである)
気兼ねなく楽しく、撮影できたのには
本当にありがたく思ったよ。

暑さに負けたらしく、殆ど一緒に写らなかったのは
残念だったが・・・ね。

そして藤乃のご主人には、朝早くから運転やお手伝いをして
戴き、コレもまた助かりました。

本当にありがとうございました。

ケニー&大野氏、本当にありがとうございました。
今回撮影の際、大野氏の「役」は絶対必要でした。

ケニー氏のウデは、最高でした。(キャラはオモシロイが)


何しろ大勢で、とにかく楽しく
初めてのコトなのに、リラックスして出来た。

全ては、藤乃のお陰、ってコトだね。(感謝)

帰りは撃沈。 家到着は午後4時半。
家まで送り迎えは本気で助かった。
じゃなきゃ、絶対途中で死んでる。

・・・「ほうとう」、早速作ったよ。

スゲー旨くてまたまた感動したよ。

でもね、全部作ってスゴイ量でさ、まだ残ってんの。
3日間くらい喰い続けないと、無くならない。


・・・いやはや実に、楽しい撮影でした。

藤乃ご夫婦、本当にお疲れ様。ありがとう。



や~・・・久しぶりに長い書き込み出来ました。
んでは、オヤスミなさい・・・。