あ゛ぁぁぁ…。


しかし、イヤな台風ですなぁ。

昨日ココに書き込みしてた時は、天気悪くて涼しかったんですよ。

「秋仕様」で病院に出掛け、終わって病院を出たら

夏。

そのまま買い物に出掛ける予定だったので
もう、出先で汗だく。

終わってなんかねーぢゃねーかよ。夏。

ベタベタのままお出掛けで、最高に不快だったよ。

今日は久しぶりの快晴♪

…暑いね。

今日は大丈夫かな。
サンプル、楽しみにしてますぜ。
ネット切れまくりで、パソ放置。

姐さんにサンプル送りたかったのにぃー。



…寝る。( ̄^ ̄)

藤乃にそのように云われると、嬉しいですなぁ。

普段呆れられてばっかですからね。(ぎゃはは)


…で、アタマ使いすぎて(嘘)グダグダ。
つーか、「乱歩展」に行った時
具合悪いのを無理して出掛けたモンですから

体調悪化。

その上先週からヘンな天気。

ずーっとグダグダでした。

何か書き込みしようと思っても、ネタは無く
そのままそれっきりみたいになっちまいました。

今日も天気悪い。

これから病院に行ってきます。

…もう、夏は終わりですかねぇ…。

藤乃も体調崩さないよう、気を付けて下さいましね。
次書き込むの、結構勇気が要りますね。^^;

あんまりくだらないコト書いちゃうと
なんか空気読めてないヒトみたいで、
躊躇してしまいました。^^;;

でも残念ながら、今は「知的なネタ」持ってないので
(つーか、いつも持ってない。爆)
フツーに書き込みます。

昨日は「志木」ってトコで仕事でした。

芸能社からは直前まで「池袋の先」とだけしか聞いておらず
てっきり都内で仕事だとばかり思ってました。

・・・で、届いたFAXに「志木」と。


どこよ、それ。


「Yahoo!路線情報 」で調べてみると・・・


埼玉でした。


ま、確かに「池袋の先」と言えばそーなんですけどね。


・・・ったくよぉ。(--メ)


歌い手さんと一緒(一度ご一緒したコトある方)で
現場は楽しく、祝儀もそこそこ。

ただ、帰りが問題でした。

元々20時?と、22時?の、2ステージと聞いてたので
23時16分の最終(私んちに帰るにはこれが一番最後)
には余裕で乗れると思ってました。

でも「歌い手さんと一緒」ってのは聞いてなかったんです。
(現場着いて知った。)

そーなると厳しい。

歌い手さんは大抵、持ち時間40分くらいあります。
私が持ち時間20分ですから
22時ちょうどからショー始めても、終わるのは23時。
片付けてタクシーで駅まで行っても(駅から結構離れてる店なんで)
絶対間に合わない。

で、間に入ってたもう一つの芸能社さん(現場付き)が言うには
23時31分ので帰れるハズと。

調べると、確かに帰れないコトはないルートでした。

でもね、品川での乗換えが2分なんですよ、2分。

大荷物持って(昨日は傘もあったし)、
ホームの階段上り下りして、果たして間に合うのか。

「元JRに勤めてた」というその芸能社さんが言うには

「最終だから、走ってるヒトが見えたら待ってくれる」と。

呆。

や、確かにね、私も最終とかに乗ってると
品川では1,2分長めに停車してたりしてますよ。
その「走ってるくるヒト」待ちで。

でも、なんでタレントがそこまでせなアカンの?

んーな大荷物持って「待ってくださーーい!!」
って言いながら電車に飛び乗れってか?

「絶対イヤですっ!」

結局、店のママさんに事情を話し
お互いの持ち時間を少しずつカット。
しかもママの娘さんが駅まで送ってくれ
なんとか23時16分の東武東上線に無事乗れ
どこのホームも走るコトなく、帰れました。

最近、現場に着くと
「ハナシが違う。」「そんなん聞いてない。」
って仕事多すぎ。

ちょっとウンザリです。
040827_1404~0001.jpg今回の展覧会で良かったモノと云えば

広告デザイン。
(コレ見て「行こう!」と思ったからね)

フォード車。(展示品)
パナマ帽と生成の麻スーツ。(展示品)

お洒落だ。


そして、幻影城内部。

今と違って昔は「夜」と云うのは
本当に静かな時を過ごせたのだろうと思う。

灯りも消え、人々は眠りにつき
(寝る時間も今よりもっと早かったろうと思う)
シン、と静まり返った蔵の中で一人空想に耽る
何と魅力的な時間。


今、そんなコトをしようモンなら
時間問わず聞こえる車の音や、騒ぐヒトの声

音、もしくは電源を切り忘れたメール着信に

見え始めた幻は瞬時にかき消されてしまうだろう。


「うつし世はゆめ よるの夢こそまこと」


今の夜でこんな言葉、果たして思いついただろうか…。


040823_2206~0001.jpgコレが根付け。(500円)

梟は
長寿な鳥。
不老(フクロウ)長寿で長生きできる。
「不苦労」と書いて苦労知らず。
「知恵袋(フクロ)」で学問の神様。
首が360度回るコトから商売繁盛。

福籠(フクロウ)と書いて福が籠もる。

…つーコトで縁起の良い鳥。 なんだそうだ。




ダジャレか?

ま、幾らかでも良い事があるコトを願おう。


…しかし、カワイイ。
040825_1216~0001.jpg今回の展覧会で貰った、
「豊島区観光案内?乱歩を訪ねる池袋の旅?」
と云うパンフレットに載っていた
「御嶽神社」の梟の根付け。

梟好きなオレには堪らなく、(白梟が好き♪)

午後6時も近い頃なのに、足を伸ばすコトに。

池袋って、梟がキャラなんだよなぁ…。確か。

「いけフクロウ」とか云うのがいたよなぁ…。駅に。

乱歩邸から光文社横を入り、
(ここから神社までの道が何ともイイ雰囲気だった)
入り組んだ路地に迷いながら、ようやく到着。

ちょうど神社の方が出ていたので、難なく根付けを手に入れた。

ひっそりとした雰囲気がとてもイイ感じの神社だった。
040823_1808~0001.jpg平井さん家。(江戸川乱歩の本名)


…ってカンジだ。
040825_1214~0002.jpg東武百貨店から立教大学通りに向かう。

乱歩邸は大学敷地内にある。

トコロで立教大学、建物がとても美しい。

乱歩邸に気をとられ、写真を撮り忘れた。

残念。

大学構内に誘導され、講堂へ。

待ち時間に乱歩邸を所有するにあたっての話や
乱歩について等を映像でスクリーンに映している。

待ち時間、実に60分。

人数分けで誘導され、いよいよ乱歩邸に。

一昔前の裕福なお家、と云う感じである。
(ゴージャス、ではない。)

テラスから乱歩の部屋を見る。

普通に一昔前の裕福なお部屋、だった。

庭からスロープを通り、幻影城へ。

蔵の入り口を開け、ガラスを取り付け
入らずに中を見れるように改修したようだ。

本棚の部屋。だ。

こんなの手に入れたら絶対「引き籠もり」だ。

ちょっと、ホシイ気がした。

修復されて黒く塗られた外壁。

ココは夜に訪れた方が気分が出てイイだろうな…。
040825_1214~0001.jpg今月19日から24日までと云う何とも短期間な展覧会に行って来た。

「乱歩展」である。

立教大学130周年記念で大学所有になった
江戸川乱歩邸と乱歩の蔵「幻影城」の公開に合わせて
池袋東武百貨店で展覧会が催された。

先日、とある方から

「幻影城に入るのに40分待ちで展覧会には行けませんでした。」

と報告があったので、覚悟して出掛ける。

まずは展覧会へ。

中へ入ると、すごいヒト達である。
展示物に群がり、何も見えない。(オレ、ちっちやいからね)

あんまりヒトが群がってると熱が冷めるタチなので、流し見してしまう。

好きでさんざん色々な本、映画、「乱歩」を特集したモノ、
そしてこのような展覧会等は観ているので

「出向く」と云うだけで嬉しかったりする。

近頃はこういうトコロに来ると、もっぱら

「観覧者ウォッチング」している。

乱歩、となると「観に来るヒト」は老若男女問わず、だ。

コイツがとても面白いのである。

懐かしそうな眼差しで展示物を見つめる老人。

展示物を指差しながら熱く彼女に説明してる彼氏。

やたらギラギラした「オタク」なヤツ。

レトロな服装(最近流行りのレトロ着物等も)に身を包んだ
今時の女の子。

「語らせたら負けない」オーラむんむんなのに、
気取ったフリしたヤツ。

お父さんに連れられた小学生の息子。

…とにかく、色々である。

「すごいヒトねぇ?。」 妻(?)に云われ
「んっ、やっぱりこういう小説を書いた原点のヒトだからね。
 人気は根強いよねっ。」

興奮気味、頷きながらとても嬉しそうに応える中年男性。


…そんなヒト達を見て楽しんで来た。

ま、オレも誰かにそんな目で見られてるのかもしれないが…
そんなのはどーでもイイ話である。
(かなり滑稽なヤツであろう。)

今回の展覧会は乱歩のみならず、
「江戸川乱歩と大衆の20世紀展」
と云う名目なので、益々嬉しい展覧会だ。

パナマ帽、フォード車、モダン、ジャズ…

カフェー、ダンスホール、ネオン、エログロ…

雰囲気にシビレてしまうのだった。


大して見もしないのに、
(シッカリ見たのは「恐怖!奇形人間」と云う映画の台本。←爆)
充分満喫して退場する。


さ、いよいよ「幻影城」だ。

…修正してくれてありがとう。藤乃。




…歳だなぁ。
(何故か一人でバカウケ中)
オレには「ばちかぶり」の彼しかイメージが無くて

「プロジェクトX」の彼はピンと来ない。

歳だなぁ。

「トゥモロー」さんですか。

…。

(ノ-_-)ノ ~┻━┻
>…老朽化著しいようで、ぱそからライブドア入ると
>スッゲー遅いんだよ…。ウチ。

や、昨日は「ライブドア」自体が激重でした。

メモラん時もそうですが、あの時間帯って何で混むんでしょうね。

テレホーダイとかって、まだ使ってるヒト居るんスかね。
>昨日メール合戦に夢中で「徹子の部屋」観そびれたぞー。

「田口トモロヲ」でしたね、ゲスト。

つーか、姐さんとメールしてたから見てませんよ。(笑)

というより、最近「徹子」の入れ歯の調子がまた悪くなったのか
ナニ言ってんのか判らず
(元々ナニ言ってたか判らなかったが。)
イライラすんので、ゲストが良くても見てません。

最近、テレビもパソで見てるんで
ホムペ更新や、ネット見たりしてる時
画面の後ろ(?)で気になるニュースが聞こえたりしたら
テレビの画面に切り替えて見たりしてます。
(勿論、同時進行も多々。)

昨日もメール画面の横から「田口トモロヲ」が顔出してて(笑)
徹子の「田口トゥモローさんて言うのかと思ってました。」
の言葉に撃沈。

音、消しました。
全然寝ないで書き込み修正に勤しむオレ。

ようやく片付いて確認すると、

藤乃が何か描き込んでた。

…藤乃も、寝てないな。(笑)


あ、カテゴリ入れてくれたそうで。
お手数掛けました。m(_ _)m

…老朽化著しいようで、ぱそからライブドア入ると
スッゲー遅いんだよ…。ウチ。

んで最近面倒になってしまって
もっぱらケイタイで「親指一本」で書き込みしてる。

確かにぱそからの方が楽だよね。

文字色替えられるし。(近頃単色書き込みだ。オレの。)

昨夜は文字数が多い文章の修正をしてて、
最後の文章が入ってなかったりして何度もやり直し。

文章をコピーしておかないといけなかったりして
速いが煩わしい面もあったりして…。

なるべくぱそから書き込みしたいとは思うのだが、
何しろ体調不良なモンで、寝技になってしまうのである。


…2日ぶりに布団から出た。

まだ本調子ではナイが、
いつまでも布団に張り付いてると
「ダメなヤツ」になっちゃいそうで…。(笑)


そーだ。藤乃。

昨日メール合戦に夢中で「徹子の部屋」観そびれたぞー。

観たかい?
>ぱそからより、ケイタイからの方が修正し易いぜ。

確かに画像入れたり、修正は
携帯からのがし易いですよね。

でも、「打つ」のがかったるい。^^;
この爪ですからね。(エキストラロングっつー長さです。笑)

最近は姐さんにメールする時(横浜に居る時)は
もっぱらパソからですからね。

姐さんが携帯にくれたメールも、わざわざ自分のパソに転送し
そっからレス打ってますからね。

パソだから早い早い。

ある意味「攻撃」です。^^;

今日の昼間もやっちまいましたが。
(その間に「戯言」に書き込んでる姐さんも凄いですが。)


>コレで「カテゴリ」も入れれたら、カンペキなんだがなぁ。

あ、やっときました。

でもホント、なんで出来ないんですかね。

つーか、携帯からでもリンク張ったトコ飛べるようにしろっての。
040825_1212~0001.jpg横綱町公園裏手から旧安田邸園を眺め両国公会堂へ。
(公会堂は老朽化のため閉鎖している)

素敵な建物だったが、周りが邪魔をしてカメラに収められず。

残念。

国技館を横切ると、両国駅。

好きな建物だ。
(アングル悪ぃー)


…ようやく「其ノ十」までupしましたが、

誤字や文足らずで大分修正しました。

…藤乃、
ぱそからより、ケイタイからの方が修正し易いぜ。

さっきまでぱその前で発狂してたが(爆)
ケイタイから修正したら、アッと云う間だった。

コレで「カテゴリ」も入れれたら、カンペキなんだがなぁ。


…つーコトで、久々仕事外での長編書き込み。

如何でしたでしょうかな?

んでは、今夜はおやすみなさいですぅ。
040825_2136~0001.jpg復興記念館で一部100円で買えるパンフレット。

ちなみに入館料は無料。


…まもなく9月1日である。

今年は関東大震災から81年目。

パンフレットの裏には、こう記してある。

「災難は忘れた頃に起こる
 不意の災難 不断の用意
 ゆるむ心のネジを巻け!!」




緩みっぱなし、である。 実に反省。


040825_1203~0001.jpg午後3時過ぎ。

夕刻近い慰霊堂を後に。

ちょうどこの頃が猛火に巻かれた時間である。


…黙祷。
040825_1210~0001.jpg公園内和風庭園にて。


幾万の御霊含みて玉蕾
開くは夏の浄土哉。


(やっぱ、上手くねーな。)


040825_1209~0001.jpg記念館横に、野外展示してある

震災時の火災で溶けた印刷機。

他にも、車や割れた鉄管などがある。
040825_1208~0001.jpg復興記念館正面上部のレリーフ。

鼻の部分が朽ちて、何の生き物か判らなくなってる。

目が飛び出したようだ。
040825_1204~0002.jpg公園内慰霊堂斜め向かいにある「復興記念館」。

震災、戦災の被災データや遺留品、
復興後の帝都模型等色々な物が展示してある。

溶けた瓶、止まった時計。

旋風に吹き飛ばされ、木に巻き付いたトタン。

どんなに恐ろしい状態だったのか、想像を絶する。


040825_1204~0001.jpg慰霊堂横から。

奥の塔が納骨堂。

当時一般公募にてこの慰霊堂の建築デザインを募り

一等当選した物は西洋色が強く
(60メートル近い円塔を戴く広大な洋風建物
 展示してあった建築図案を見ると、灯台のような、
 大きな墓標のような、何だか不気味な感じのする物だった)
仏教連合会からの反発に遭い

結局は建築家の手によりこの建造物に。

和洋折衷、神仏折衷である。


040825_1207~0001.jpg慰霊堂内部。

入り口天井に、不思議な動物が玉を持つ照明。


040825_1202~0001.jpg慰霊堂へ。

まずは賽銭箱に賽銭を入れ合掌。

両端にビニール紐が簾状に垂れた入り口が。

「鳩の侵入を防ぐ為の物です。どうぞ中にお入り下さい。」

慰霊堂に入る。

両壁には震災時の写真や戦災時の写真。
震災後に描かれた大きな絵が展示されている。

焼香場で蝋燭を買い、線香を立て合掌。

沢山の作り椅子が並び、
まるで教会礼拝堂のような内部である。

不思議な空間。

040825_1202~0002.jpg先日、旅行先で読んだ「関東大震災」(吉村 昭 著)に書いてあった、「震災慰霊堂」に行って来た。

場所は両国。横綱町公園。

ココは関東大震災当時、陸軍被服廠跡
(軍衣等装着品を取り扱う所。「被服廠(ひふくしょう)」と呼んでいた)
と云い、軍がこの廠を移転し、
近々公園や運動場等を造る予定の空き地だったそうだ。

約2万坪の広さの空き地は震災での避難場所に最適と思い、
人々は家財道具(タンスや布団まで)を抱え次々に避難に来た。

三角状のこの空き地、避難民はどんどん増え

持って来た家財道具で仕切りを作り
コレでもう安心、と一息付いていたその時

あちこちで発生していた火事の炎が風に煽られ、この地を覆った。

閉ざされた敷地内で逃げ惑う人々。

家財道具に火は燃え移り、炎と旋風が巻き起こり

避難民は生きたまま、焼け死んだ。

その人数、およそ3万8千人。

避難して来た人達の95%が死んだ。

そして震災の大東京市内死亡者数の約55%、である。

その後、遺体はその場で焼却し、ココに慰霊堂を建て納骨した。

今、慰霊堂は公園敷地内にある。

子供達が遊ぶ公園に、社のような慰霊堂。

まるでそんな惨事があった場所とは思えない程

美しい公園である。

…ホントはぱそからちゃんと書き込みする予定にしてましたが
あまりの体調不良でいつになるか判らず
そうしてると「ネタ」が風化してしまいそうなので
ケイタイから小分けして書き込むコトにしました。

…それに、ぱそから画像入れると、
ケイタイから見れないんだよね。

ケイタイでココを見る方もいると思うので
(オレも近頃もっぱらケイタイからだ)
せっかく画像が見れないのは良くない。

…つーコトで。

先週末に決行した、「帝都歴史巡り」にございます。


病人にはいたわりを持って接しましょ?う。

ケケケ…。(笑)
>干しナスのクリームソテー生姜添え。
>…にしか見えん。

ええ、そうです。
そんなカンジでした。←もうメンドーになってる。(爆)