この時期、ハダカの仕事は大変ですよね。

ショーの間は汗かき、終われば必要以上に冷え
控え室が寒ければ勿論風邪ひきは免れませぬ。

劇場なら、契約期間や拘束時間が長いので
小さいストーブやら電気毛布などを持ち込み
暖を凌ぐコトは出来ますがね…
(色々持ち込んだね。加湿器とかも)

一晩だけの仕事では、そうも行きませぬ。



こちらはおかげ様で熱は下がりまして
(こないだは珍しく高熱が出たので思わず報告してみました♪)
寝てる時の咳が酷く
気管支拡張剤なるモノに頼る毎日です。

しかしコレ、咳は治まるが
ずっと気管支が広がった状態みたいな感覚で気持ち悪い。

そしてようやく喉の調子が回復してきたと思いきや

今度は鼻水…止まりません。流れっぱなしです。

ずっと鼻にティッシュを詰めて
「鼻からエクトプラズム状態」っス。

コワイコワイ。


今夜も仕事、明日も仕事ですか。藤乃。

お大事にして下さいませ。
(何かそう云ってもしようがない気がするが)

明日は是非、「風邪自慢」しよう。
(なんだソレ)
・・・風邪、引いてしまいました。(T-T)

ここんとこ、調子良かったのにぃ・・・。(悔)

11月に引いた風邪も、年末にはマシになり←長持ちし過ぎ。
残すところ「咳」だけだったんですが・・・。←これもだいぶ良くなってた。

今日の現場(熊谷)がマズかった。



去年から毎月、埼玉のヤ○ザ屋さんの仕事してんですが
間に入ってる東京の芸能社さん(社長)がですね、
このヤ○ザさんの言いなりでしてね。

「早く来い。」だの「ゆっくりしていけ。」だの
私達の都合も考えず誘ってくるヤ○ザ屋さんに
社長ってば全然言いなり。

こないだなんて、自分が早く帰りたいのに
そうは言えないからって

「いやー、藤乃さんがワンちゃんに餌あげてくるの忘れたらしいんで
今夜は早く帰らせて頂きます、はい。」


って、私のせいにしてんです。

しかも、そんな「あり得ない」言い訳で。(爆)

今日もショーは20時?なのに、何故か熊谷16時集合。
(私は30分もあれば準備OKやってーの。)

なのに、「旨い鮨を喰わせてやる。」とかで早い集合に。

歌い手さんと一緒だったんですが
ココに何度も書いてるように、ショーの前は喰えません。
私らヌードは腹出るし、歌い手さんは声が出なくなるんで。

・・・って言ってるのに、「旨い鮨喰わせてやっから。」


聞いてんかっ、ヒトのハナシをよぉっ。このハゲがっ。


・・・で、鮨をちょっこっと突付いた後は、出番まで楽屋で待機。

この楽屋ってのがプレハブみたいな「掘っ立て小屋(笑)」で
寒いの、何の。
勿論暖房なんぞ無く、ハロゲンヒーター一台のみ。

あれ、近くに居ると熱いし、離れると寒いんスよ。

つーか寒いってば。

・・・で。
風邪を引いたようです。
喉は真っ赤に腫れ上がり、熱こそまだ無いものの
カラダの節々が痛い。

今から寝て(旦那サマ起こしてから寝ます。)
昼に起きたら、熱出てますな。

でも、今夜30日も仕事。赤羽で。
明日31日も仕事。北千住・・・。

はぁ・・・。

姐さんも只今風邪っぴきなんですよね。
40度も熱出てんのに、私に

「うわーーっ、40度ーーーっっ」とかメールしてないで(苦笑)
ちゃんと寝て下さいましね。

31日、プチ密会やるんスからねーーー。

・・・さあ、書くか。

(リンク張りまくりの為、パソからの閲覧をオススメします。)

・・・もう、既に始まってますね。
<伝説のBig Dance Show>atショーアップ大宮劇場。



<12/24の姐さんのカキコ>より。

>トコロで藤乃はあの時、
>一体ナニを「話し合い」してたんでしょうかね…。

せっかくネタ振り(笑)して下さったのに
なかなかお答え出来ず、スミマセンでした。

大宮現社長J・K氏から、別に口止めもされなかったので
書いちゃいますね。

この興行への「出演」・・・というより「参加」の依頼がありまして
それについて話し合ってました。

以前、<フロアーの撮影取材の依頼>についてカキコしましたが
カンのイイ方は既に気付いたでしょう。
これ、J・K氏からの依頼でした。

で、↑のカキコでも転載したように、お断りメールを送ったにもカカワラズ
「是非会ってお話を。」とのコトでしたので
ケニー氏が常設個展をされる12月アタマの週、
直接対決(笑)と、なりました。

J・K氏がストリップ業界に携わってからのコトや、
大宮に来てからのコト、
ストリップ業界の行く末についてや、
SM興行の客入りの多さについて等、
ハナシ好きな方なのでしょう、色んなハナシを聞きました。

・・・どれも今の私にとって興味の無いハナシでしたが。

そして本題である「伝説のBig Dance Show」での
Special ドキュメント『あの人は今・・・』という企画について、
その「難しさ」を話して下さいました。

元々は昨年、某一般客(こんなHNのヒト居たなぁ。笑)が企画した
この興行。
私たちもココで色々書きましたね。
(2004年の2月?3月辺りの過去ログ参照)

あの企画が何故ボツになったかも教えてくれました。

ま、当然というか「ふーーん」って内容でしたが。

色々ハナシをして行くと、脱線も多々あり
そんな中、J・K氏の「愚痴(悩み?)」も出てきました。

その内容とは・・・

J・K氏が大宮に来てから何度か行われた
「Dance Circus」やら「Big Dance Show」なる興行。
「踊りで魅せる」踊り子を呼び、「ポラ無し」でまわすっつー、
ま、所謂「ソロ大会」。

ネット等では評判が良かったように見えたこの興行も
リピート率は下がっていったようです。

(客は入ってたようですけどね。減ったのはリピーターの数。)

(や、こんな裏事情書くのもどうかと思うんですが
ちょっと大事なコトなんで、書かせて下さい。m(_ _)m)

そんな愚痴も話しぃーの、私が所属してた小屋のハナシになりぃーの
で、またまたソロ大会のハナシになり

「皆さん、凄いですよっ。」と。
そして「伝説のBig Dance Show」のプログラムを見せながら
このメンバーの凄さを鼻息荒く語ってらっしゃいました。

そして・・・。

「藤乃さんがもうストリップの舞台に上がれないのは重々承知しています。
では、観客としてご招待させて下さい。」


へ?

「今、藤乃さんがどうしてるか、気になってる方も多いと思います。」

や、おらんから。
おっても(極少数)私のHP見たら判るし。


「藤乃さんが来られる日を告知し、スライドでフロアーショーの様子を上映。
客席の藤乃さんを交えて、トークショーとかをやろうかと思うんです。」


フロアーショーの取材については、
メールに書いた内容を、そっくりそのまま口頭で話し
お断りしました。

「では、スライド無しで・・・」

今の私を客席で「見世物」にして、ナニが面白いんでしょうか。

興味本位で見に来たお客達の前に晒され
楽しいのは木戸銭貰う小屋側だけ。
晒された私の「これから」は、どうなるんでしょう。

(そんなのアタマに無いでしょうが。)

確かに私は姐さんが劇場に乗ってる時は、遊びに行ったりします。
場内入って、舞台見させてもらったりもします。

でもね、なるべく「目立たないように」してんですよ。

気付かれたくないんですよ。

(ココ戯言で、行く日をわざわざ告知してるのは、
休憩時間に姐さんを、お茶や食事に誘おうと考えてるお客さんへの配慮です。)

「友達が乗ってるから」と、わざわざ土日の客の多い日に
劇場に遊びに行く「元踊り子」っているでしょ?

勿論場内で見学中も、お客達に「気付いてくれ」オーラを放って。(呆)

あと楽屋でも、自分のコトを知らない現役踊り子達に聞こえるよう
「昔、私も踊り子やってましたっ。」なハナシをデカい声で喋ったり。

勿論、長居必須。

そんな、みっともない「元踊り子」と価値観が違う私(笑)は
劇場に行く時、必ず「目立たないように」してるんです。

知ってるお客の姿が見えても、知らん顔してんですよ、私。

現役時代の私を応援してくれてたヒト、
現役を知らないけど、噂を聞いて興味を持ってくれてるヒト、
極少数でしょうが、居るかも知れません。

そんな人達に「今」を見せてどーなるんでしょう。

「見なければ良かった。」と思われるかも、なんて
そこまで自分に自信が無いワケではありません。
(どちらかと言うと「自意識過剰」気味ですから。笑)

でも「美化された記憶」や「妄想」に勝るモノは無いと思っています。

その「記憶」の中に、静かに留めておいて欲しいんですよ、
「ストリッパー・藤乃」のコトは。

色褪せた想い出にすがり過ぎ、
自分までも褪せてしまったコトに気付かず
楽屋や場内に出向いては「私に気付いてっ。私も前は踊り子っ。」
変な汁出してる「元踊り子」は結構居るようです。

「どうか彼女達を呼んであげて下さい。」

そう、お願いしておきました。

でも氏は
「では観るだけで構わないんで、来て頂けませんか?」と。

「この週のメンバー、本当にいいショーをしますから。」と。

ここで、先述の「愚痴」を思い出しました。

「・・・リピーター、減ってるんですよね?」

確かに、私が現役時代にもお名前聞いたコトある姐様ばかりで
(一緒に仕事した姐様もいらっしゃいます。)
評価が高いのも判っています。

でもね・・・


興味無いんですよ、もう。

まして、幾ら氏が「凄い」と言っても、リピーターは減ってるんでしょ?

尚更、観る気がしません。

興味がある舞台なら、1万でも2万でも出します。
でも興味が無いモノはタダでも見ようと思いません。
その時間、苦痛ですから。

その旨、全て伝えました。

・・・が、この企画にまだ参加者が誰も決まっていなかったのか
氏は粘っておられました。

なので、

「私にとってストリップは、〔観るモノ〕ではなく、〔やるモノ〕ですから。」

と、トドメを刺し(爆)、諦めて頂きました。


今月21日から、この興行は始まっています。

初日、サイトを覗いてみました。
<お知らせ>の欄に、「招待舞姫(観客参加)」と称して
元踊り子の名前が連ねてありました。


・・・。(静かに爆笑)

つーか、このメンツってどーよ。(笑死)

危うく、一緒に名前が並べられるトコロでした。(冷汗)
すみません・・・私までココ、放置してしまいました。

結局「ネットカフェ」は断念。
(情報下さった方、ありがとうございました。)

25日には横浜に帰ってきたのですが
(空港から家まで、電車を何度も寝過ごし
通常の3倍ほど時間をかけて家に着きました。涙)
何故だか家の用事に追われてる間に、既に2日も経ってしまってました。

今ようやく、パソに向かえました。

・・・で、本題。



姐さんの(フロア)での芸名を、冗談のつもりで提案したら
全然笑えない内容だった上、
凝りもせず言い訳メールを書いて寄越したら、
今度は地雷を踏んだ、そこの貴方。

姐さん宛てのメールに、たまに私のコトを書いてますよね?

「お伝えください。」と付け加えてるのもあれば、無いのもあったり。

それを姐さんは、忙しい中、または体調悪い中
その部分だけを転送して下さってます。

貴方、私のメアド知ってますよね?
(以前何度かやり取りしてんですから。)

私に直接書いて来て下さいよ、私にハナシがあるのなら。

貴方、前にも私に同じコトやって私に怒られてますよね?
で、また凝りもせず同じコトを今度は姐さんにしてるんですか?

あと、「独り言(独り善がり)」のような内容もヤメた方がイイですよ。
聞いても無いのに、つらつらと近況を交えながら
「どこに行った」だの、なんのかんの定期的に書いて寄越すの。

そーゆーのしたいなら、ご自身でサイトでも立ち上げて
そこで発散したらどーですか?

姐さんは私みたいに文句レスはしないけれど
「無視してる」理由、一度考えたらどうでしょう。

「ちんかす男」のハナシについてもそうです。
ヤツに関しては「私の汚点」ではありますが
「私に関するハナシの延長」なので
ココ(戯言)では姐さんも相槌打ってくれてます。

でも別に貴方とのメールで、一緒に笑うネタでは無いでしょう?

や、誤解して欲しくないですが
「ちんかす男のコトを私の居ないトコロで笑われてるのがイヤ。」
って言ってるんじゃないですよ。(←そんな誤解、されたら死んじゃう。笑)

私と姐さんが笑い合ってるネタに「便乗してくるな。」ってコトです。

あと「藤乃さんをメールで説得するのは無理でしょう。」
ってどーゆー意味よ?


・・・とココまで書いて。

「オマエこそ、そんなんココに書かんと
メールで書いて来いやっ。」

と、お思いでしょうか?(や、関西弁では無いでしょうが。笑)

んー・・・、なんか私からメールするのは「シャク」なんで(爆)
ココに書かせてもらいました。てへ。←意味無く照れてみた。
・・・書き込みした翌日でしたかね、
早々の「反応」が返って来ました。

その「言い訳」の中に
踊り子がこんなにも「真面目」に取り組んでいるのかとは
思わず、とありました。

そして、
月丘さんの予定が無いと(劇場に)行く気がしない。
フロアの仕事にばかりウツツを抜かして劇場を疎かにすると、
これからも悪質な「嫌がらせ」は必至ですよ。

・・・このようなコトがありました。
(注:解りやすく手直ししてあります)

ま、「嫌がらせ」は(反語)だとありましたがね。


ココ「戯」のワタクシの書き込みを読んで
きっと「バカだなーコイツ」 と日頃思ってるのでしょうが

その「バカ」に「バカ以下」の提案を押しつけ(爆)
冷たい反応が来たら

「ナニも考えてないバカにそんな風に云われてたまるか」

「オマエは黙って劇場にだけ出てればイイんだよ。
 そしたら、観に行って
やる からよ。」

こんなカンジでしょうか。


・・・コレは

「オンナはバカの方が良い」とか
「黙ってニコニコしてればソレで良い」とか云う
アタマガチガチの我が儘なオヤジにありがちな感覚ですね。
(コレに関しては特に反感持ってるワケじゃありませんが)

確かに、ワタクシは賢くはありませんよ。

(だからきっと、ホントは「あ?オモシロ?イ♪」 等と
 アナタにだけ提案に対して喜んであげれば良いモノを
 喜んではあげられないのでした。ほほほ。)


しかしながら、「劇場」にしても「フロア」にしても
どちらも「仕事」としてやっているのですね。

そして、この「仕事」と云うのはですね

「対大勢」なワケですよ。

藤乃も前に何処かの誰かから一方的な意見を押しつけられ
その時書いてましたが

アナタ方のは「対個人」でしょ。

一方的に「意見」や「提案」を押しつけ

「うふふ♪ 今頃読んでるかなぁ・・・」

とほくそ笑んで愉しんでりゃ、ソレで良いのでしょうがね。



・・・つーかね

「月丘さんの予定が無いと(劇場に)行く気がしない。」

などとタワケタコトを抜かしてますがね。

「こないだ、○○(踊り子の名前)を観ました。」

なんて云う報告を(コレまた一方的に)してきたりしながら、
そんなコトを今更云っても、ナニも感じませんよ。あたしゃ。





退かれたら 追わずに笑え オヤジギャグ。 (甘いな。爆)


…すいませんです。

今夜最後に書き込みした話の続きをします。

↓の藤乃の書き込みにも、「ツッコミ」がありましたが

…藤乃に「ツッコミ」貰う前に
「こんなの使うと、(フロアの)客にこんな風に思われるんだろーなー」
と、思ってました。

その後藤乃に、
「こんな提案が来たよ」と
例の「名前」を教えたトコロ

オレが思ったコトと同じコトが返って来たのでした。

で、苦笑。

…ま、また後で書きます。(今まだ忙しいんで)


金曜から大阪に来てます。


金曜の店も土曜の店も大入り。

土曜の店は、12月スケジュールが合わず入れなかった為
今日を楽しみにしてくれてたお客さんが、
何組か来てくれてました。

他にも、別の店(系列店)の常連さんなのに
わざわざ私のショーを見に足を運んで下さった方も。

ありがたや…m(_ _)m


今日は朝から体調最悪(月イチのナニです)でしたが
這って踊って祝儀回収。

お腹痛いのも吹っ飛ぶ収穫でした。(+ ̄ー ̄)ニヤリッ


大阪の仕事の時は実家なんで
家事からは解放される為、ヒマです。

(ちなみに持って帰った祝儀は半分以上取られます。涙)

(しかも大阪で働いたギャラは全額仕送りなんです。号泣)

こんな時こそ、さっさと宿題仕上げたいのに…。

…ネットカフェって行ったコト無いんですが
どーなんでしょ。

清潔なんでしょうか。←潔癖症。←他人に対してのみ。

隣でチ○コ出してる奴とか居るんでしょうか。

(ものっ凄いトコ想像してます。爆)

明日行ってみよっかなぁ…。

と、その前に、これのレスをば。


>忘れた頃にとある方から「提案」が届きました。
>「何て名前でバイトするか」と云うヤツです。
>「こんなのは如何でしょうか♪」ってなカンジで。

で、その「提案」、チラリと見せて頂きましたが…

「なんだそりゃ。 ワケわかんねぇ。 バカかコイツ」

それって、私が言った感想ぢゃないですかっ。(もっと言ったかも爆)
フロア初体験を終えて年明け、


忘れた頃にとある方から「提案」が届きました。

以前藤乃のショーを拝見しに行った際の書き込みであった
「何て名前でバイトするか」と云うヤツです。

「こんなのは如何でしょうか♪」ってなカンジで。

懐かしお色気少年マンガの主人公の名前のパクリやら
ココ「幽廓」を捩ったようなモノ。

果ては江戸川乱歩の小説の中から・・・


        :*:・( ̄∀ ̄)・:*:


・・・あの、ですね
まだ今始めたばかりのワタクシが、こんなコトを云うのも
何なんですがね

そういうので喜ぶのって、劇場くらいぢゃナイですかね。

フロアーって、もっと「リアル」なトコロなんじゃナイかと
ワタクシは思いますよ。

仕事内容も似たように見えて全く違うと思いますし。

「なんだそりゃ。 ワケわかんねぇ。 バカかコイツ」

と、鼻で笑われて益々相手にされない風景がアタマを過ぎりました。


・・・苦笑。


大変恐縮ではございますが、
このような冗談は状況上好ましくありませんので
寒気が致しました。m(_ _)m


・・・つか、「嫌がらせ」か?
随分時間が経ってしまいましたが、
コレを書かないと、次に進めませんな。(苦笑)

早く!と気持ちは焦るも、
多忙のためなかなか書き上げるコトが出来ず
ようやく・・・です。


ではでは、お話ししましょうかね。

オレの「フロアショー体験記」。←笑


・・・あ、藤乃
「続きを読む」を初利用だよーん♪
+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

去年末。 世の中はクリスマス前夜に浮かれるとある日。

遂に「フロアショー初体験」して来ました。

場所は都内。 賑やかな繁華街。

「K」と云う喫茶店で20時に仕事をくれた方と待ち合わせ。
ショーは1晩2回、と云う話だったが、前連絡で

「悪いんだけど、掛け持ちしてくれる?」 と。

初仕事で「掛け持ち」とは・・・。(ドキドキ)

「店から店へ、衣裳のまま移動して貰うかもしれないから
 長いコートとか持ってる? そう云う格好で来てね。」


今時、ロングのコートなんて・・・か。

藤乃に散々、衣裳など大荷物で毎回出掛けるので
ヒール等を履くようなお洒落は出来ないと聞かされている。

その上、今の時期は当たり前だが、寒い。

考えたあげく、膝下丈のダウンのコートを着て出掛けるコトに。

何だか、ダサダサである。(泣)

「もしかしたら、誰か他のヒト(フロアダンサー)と
 一緒になるかもしれないですねー。」
 

電話で、藤乃が云う。

心配なので早め出掛け、「K」に到着。
暫くして、その方が来た。

一緒に、オンナのヒトがいる。

「あー? どっかで会ったコトあるぅ・・・。」 彼女が云った。

何となく、記憶の片隅に「会ったコトある」サインが。

彼女がちょっとキツめに「Tです。」 と。
あ、会ったコトあるな。ってんで

「月丘雪乃です。」と返した。

一瞬、顔色が変わった気がしたが、まぁイイとして。(笑)
彼女が仕事をくれた方に云った。

「このヒトなら大丈夫と思う。」

や、今日初めてだし、こういう仕事も初めてだから、と云うと

「・・・あ、ちょっと心配かも・・・」 と。

多分ココに来るまでに「仕事出来る子かしらん?」とでも
話し合って来たのでしょうね。

「ショクナイ、ってやったコトある?」 と、T嬢が訊いて来た。
「何度か。」
「なら、そんなカンジだから。大丈夫。」

彼女、何年も何年も先輩みたいな貫禄だった。(はは、は)

そうこうしてるウチに時間が来、T嬢とはソコで別れて
沢山の飲み屋犇めくビルの中に案内され、入った。

店に入り、店内を通過し「控え室」へ。
そんなに大きくない「クラブ」だったが、満卓である。(ヒー)

畳2帖分位の足の踏み場。 ホステスさんの荷物置き場らしい。

その狭い中で、店のママが仕事をくれた方(Oさん、としておこう)に
「昨日来た子は全然ダメよぉ。
(持ち時間)15分位でサッサと終わっちゃってぇ?」

(このママさん、日本人ではナイ様子)

等と、クレームを付けていた。

黙って着替えていると、フイと2人でこっちを見、

「大丈夫?」

「あ、18分以上は確実にあるので大丈夫です。」

ママさんニッコリして

「長い方がお客さんも喜ぶし、
 ホラ、チップもイッパイ貰えるでしょう?
 せっかく来てくれるんだから、オンナの子にも
 たくさんチップ持ってってもらいたいからね?」


・・・なるほど。

Oさんが、「始まる前にコールして」と退散し
狭い控え室で独りになる。

もう、ドキドキしても仕方がない。 後はこなすのみ。

店のヒトがテープ(曲)を取りに来、そろそろ、と云う。

いよいよ始まった。

「デスペラード・フロアヨイヨイバージョン」だ。(何だソレ。爆)

絨毯だし、モロ、客が座ってる側だしで踊りづらい。
脚を踏みならすアクションなんて、足音聞こえないんで意味ナイ。
仕方ないので、手を叩く。(ラテン風にね)

したら、客がビックリして一緒に手拍子。

・・・そんなつもりでは無かった。(爆)

が、お陰で盛り上がり、チップバンバンだ♪

終わりかけにOさんが店の端で見ていた。
何か指を指している。

「ん?」 見るとまさにチップを持って待っている客が♪

イタダキ♪

そして無事、初仕事終了。 ちゃんと拍手まで戴いた。


次は別の店へ移動。
予定より上手く時間が取れ、衣裳での移動は免れた。


・・・なら、こんなカッコで来るんぢゃなかった。

仕方ないコトである。


次の店もママさんは日本人ではナイ様子。
というか、ホステスさんも店員も日本人ではナイ様子。

「今日ねー、お客少ないのよー」

見ると、確かに少ない。 15人位か。

細長い店で、壁沿いにずっと席がある。
廊下を踊るような、そんなカンジだ。

でも、さっきの店で予定外高収入を得たので欲は無く。

準備終えて待っていると、お人形のような金髪縦ロールの
ホステスさんが覗きに来た。

「カワイイじゃーん♪」

・・・衣裳は「デスペラード」だぜ。

そして始まった。

ダンス中盤、一番端のテーブルに、ママさんとお客がいたので
取りあえずご挨拶のつもりでソコで一踊り。

すると、ママさんがハッとこっちを見て云った。

「こっち来ないでイイから、あっちでチップ貰って!!!」

(σ・∀・)σへいへい???、と踊りながら逃げる。(爆)
そんなつもりぢゃなかったのよぉ???、と。

ま、でも、それなりに戴くモノは戴いて終了?♪

さすがにお客が少ないので踊ってる時間が長くて汗だく。

店員さんが、オシボリをくれた。
そして、さっきの金髪ちゃんがまたやって来て

「すごーい! カッコイイじゃーーーん♪」

手を「GOOD!」のカタチにして、ウィンクしてくれた。

良かった。(安心)


そしてまた最初の店に戻り、2回目のショーを。

次は「黒天使」のドレス。 が、選曲はリニューアル。
フロアショーでアレは出来ませんからー。(絶叫悲鳴舞台)

ドレスの中にコルセットを仕込み、
まずは「お愛想」で客にドレスのジッパーを下ろして貰う。

しかし、その客、ナニをしたのか
その後ドレスを脱ごうとしても、ジッパーが途中で止まったままだ。

どうやら、コルセットに「咬んだ」らしい。(大汗)

どうにもこうにも行かず、やむを得ず無理矢理・・・

外れた。(ホ) ←つか、破いた。(泣)

ま、その後はまたまた大盛り上がり。
1回目に快く観てくれた方がまだいて下さり、
編みタイツの中に「バラ銭」をバラバラと入れたり、
また別の客がノリノリになって一緒に踊り出すも
「ヘタクソ」すぎてどうしようもなく放置したり、

とにかく、無事終了?♪


逃げるように片付け、(終電ギリギリ)家路へ急ぐ。

コレまでの間、時間があれば藤乃にメールしたり
藤乃からメールが来たりしてたが
(はじめてのおつかい母子の状態。←笑)
最寄り駅に着いてから、あらためて報告の電話を。

いろいろ報告して、「お疲れ様でしたー♪」電話を切る。

ナニが何だかワカラナイ状態ではあったが、
とりあえず「初フロアショー体験」は無事終了した。

正直、テキトーにこなして、大騒ぎして
半ば「ヤケクソ」みたいな感はあったが、
「その場限り」のこの仕事、運良く楽しく出来ましたね。

アイラインが取れて片目がパンダのように真っ黒になったのを

「見て見て、初めてだから焦ってヘンな汗かいてこんなになっちゃった」

と、客の鼻先まで近づいて云ったり。
(「大変だねぇ。」とチップくれた。ははは♪)


・・・・・。


帰宅後、鞄の中に押し込んでたチップを集計?。
(玄関の灯りのみの暗い中で。コワイ。爆)

・・・で、驚いた! 凄かった!

藤乃が云うように、「時期」が良かったのではあるが
初仕事でこの高収入は・・・

イカンイカン。 調子こいてしまいそうだ。


ま、それは冗談として
イイ「アルバイト」させて戴きましたよ。 藤乃、ありがとう♪

「新年会」等の酒の席が続く為、
12月程では無いものの、まだ忙しかったりします。私達「ヌードさん」は。

今月に入ってお正月は1週間休めたのに、
結局そのあとは仕事ビッシリ詰まってまして、なかなか
「気合の入ったカキコ(笑)」が出来ないでいます。


>書き込みは暫しお待ち下さいませ。
>(つか、藤乃にしか判らないな。←笑)

ホント、私にしか判らないじゃないですか。(笑)
ま、姐さんは無理せず(燃え尽きた後ですからね。笑)
何時でもイイので、先日の続き読ませて下さいね。

ホント、時間と元気がある時に。

そうそう、コレ忘れてた。
17日の「伊藤舞一座」at伊香保。


>楽しい話が聞けるコトを祈ってますね。

・・・楽しかったです・・・よ。

会場となったホテル「K」は400年の歴史を持つ老舗ホテルで
(天皇も何度か泊まったとか)
ホテル側の対応もコチラが恐縮するくらいテイネイでしたし
勿論、ショーは大盛況。
(ホッシーの下ネタ炸裂のショーを裏で見ながら私達も大爆笑!)

終わってからの食事も、宴会のお客様と同じお料理を戴けましたし、
温泉も沢山あって(←ホテルで迷子。)
入り捲くり。(←で、のぼせた。)

結局、朝の4時まで部屋で宴会。(一座で。笑)

「仕事」というより、「旅行」でした。(爆)

うん。楽しかった・・・かな。

ま、乱闘無かったから、いっか。
…と、云うコトですから
書き込みは暫しお待ち下さいませ。

(つか、藤乃にしか判らないな。←笑)
…ホントに「一座」だ。(ぎゃはは)

素敵ステキ♪
200501172000.jpg出番前にパチリ☆

左上・ホッシー様

右上・マーガレット様

左下・伊藤舞姐様

右下・あたい。
この2、3日は、ホントに藤乃とは「メール」も「電話」もしっぱなし。

「腱鞘炎に」なってもおかしくないくらいでしたね。

昨日は雨で、オレは1日中寝てました。

燃え尽きました。(笑)

…そのお話は、あらためて書くとして
まずは藤乃、いろいろありがとう♪

今日は伊香保ですか。
「一座」で(爆)

楽しい話が聞けるコトを祈ってますね。

そして明日は久々の「小密会日」。
しょっちゅう連絡してるから、
暫く会ってない気はしませんが
1ヶ月は経ってるよねぇ…。

楽しみにしておりますぜ♪
姐さんも書かれていた、忙しかった先週末。
私もちょいとそれに関わってた為
一日中、携帯メール&電話合戦。(途中脱線多々。^^;)

お陰で、指攣りそうになりました。(爆)

もう、散々やり取りした為、おなか一杯。

書くネタがありません。

(宿題は残ってる。大汗)

今夜私はまたまた伊香保。
前回の伊香保や、年末の太田でもご一緒したM姐サマと
去年の一月、群馬・水上での大宴会にて
司会で盛り上げてくれたドラッグクイーンMサマ。
あと新たなメンバーとして、同じくドラッグクイーンのHサマも参戦。
(このお二人、実はアチラの業界では超有名な方々。)

去年のその水上の宴会は某クルマメーカー某支社の
新年会だったんですが(約200名)
「去年のあの子達を、また呼びたい。」と、
水上のホテルに問い合わせがあったらしく、
場所を伊香保のホテルに変え、今年も呼んで頂くことになりました。

去年のあの子達って・・・




・・・一座かよ。(笑)


今日は泊まりです。

今夜は乱闘起きない様(最近乱闘続き。爆)祈っててください。

明日、楽しい報告が出来るとイイなぁ。


姐さん、明日は時間少しですが久々の密会ですねー☆
…ゴメン。忘れてた。

次の長い書き込みの時は(こないだの続編)
必ず使ってみます。

…つか、今週末は忙しくて(昨晩は撃沈←苦笑)
来週明けになりますかね…


暫しお待ちを。m(_ _)m



それから、写真アップ
「バレンタイン」でイイですよ。
(撮影後記も書かないとだし)

そういえば「幽廓」って
バレンタインデーに初公開したんぢゃなかったかね。

…何年目だ?

何だかんだ云いながら、ちゃんと続いてますね。
実に嬉しい限りだ。
こないだ教えてあげたのに、姐さん使ってくれない。うー。(T-T)
あの「壊れた」と騒いだ翌々日、
とりあえずバックアップが済んだハードディスクをパソに戻し
一応電源入れてみるコトにしました。

ドキドキしながら、電源ON。

したら・・・

ピロリリン♪←立ち上がる時の音のつもり。(爆)

電源入り、Windowsも立ち上がりましたー。うー。 (T-T)

書きかけだったメールとかは消えちゃいましたが
(誰にナニ書いてたかも覚えてない。汗)
全て無事でしたー。うー。(T-T)←しつこい。

で、その日の夕方、ケニーさんから大宮で使った写真を頂いたので
早速スキャン。

が、大きすぎて、スキャナーに入んない。_| ̄|◯

諦めました。(早っ)

でも、10月に姐さんと行った撮影での写真、
既にスキャン済みでしたが
リクエストしておいた数枚も頂いてきたので、これは無事スキャン終了。

さ、いつ公開しましょうか。

「お年玉」っていうのにも、もう時期はずれですし
バレンタインまで引っ張りません?(と、予告♪)
・・・そういえばココにナニも書いてなかったと思いますが
(劇場日記、書いてなかったからね。先に進めなかった。)

11月の終わり頃、藤乃の仕事を拝見しに行って来ました。

「姐さんも出来たら(嫌じゃなかったら)
 たまに、バイトしてみませんか?」


藤乃にフと云われ、まずは「知らない」世界なので
今の彼女の仕事が、どんなモンなのかってのを覗きに・・・。

そして何かよく、今の仕事についてで
藤乃がココや自分のトコで書いてたりしてますんで
「その違い」ってのを見てみたいと思ってましたんで。


・・・随分日が経ってしまいましたが、
その時のコトをお話ししようと思います・・・。


11月末。夜21時。場所はT市の「H」。 (←ヘンな小説みたいだ)

「5分過ぎた頃に「S」から電話下さい。」

事前に藤乃からそうメールが届きましたが、
「S」って「禁煙」なのよね。
なので早目に着いて、近くを探索。
路地裏に(好きなのでつい、入ってしまう)入ると
藤乃の仕事場を発見!

「・・・お、ココかな?」

細いビルを見上げてると、入り口から
いかにも「キャバレーの従業員」らしき人が
不審気にこちらを伺ってるので、退散。(ははは)
ウロウロするも、喫茶店などが見当たらず
結局諦めて「S」の前の「M」に入る。

ココも、喫煙フロアが上階で階段を上がり
ようやく一息。煙草に火を付けようとしたら電話が。

「姐さん? 今どこにいます?」

予定より早く待ち時間になったらしい。

「M」で藤乃に頼まれたコーラを買い、店へと急ぐ。

店の前でさっきの従業員に呼び止められる。
事情を話すと何だかとても嬉しそうに、そして親切に(笑)
エレベーターのボタンを押してくれた。
(藤乃に聞いてるんだけどね)

フロアに着くと、またまた蝶ネクタイを締めた
いかにも「キャバレーの店長」らしき人に声を掛けられる。
事情を話すと、またコレも笑顔だ。

藤乃が控え室から降りてきた。
店長に事情を説明し、控え室に。
ホステスさんとお客さん(?)に捕まり、藤乃は喋ってる。
藤乃もホステス経験者だからか、何だか慣れたカンジだ。
それが何だか、オレには小気味良い。

オレはホステスは性に合わず、働いて3日で「辞めます」と
云ってしまったクチだが(天職と思ったのに、だ。爆)
この「キャバレー」という雰囲気は何だかとても好きだ。

控え室は奥に長い、通路のような場所だった。
その一番奥に藤乃の荷物があった。
鏡の壁。それに添っての化粧台。 椅子に座る「化粧前」だ。

久しぶり、と云うのもあっていつも通りの会話対戦。(爆)

会話の途中途中で、(脱線しまくりではあったが)
これから見せて貰うショーの段取りなどを教えて貰う。

「・・・でもね、よく踊り子の舞台見せて貰う時
 『全然な?んにもヤってナイですよぉ?』って云いながら
 むっちゃ、頑張ってるのっているじゃナイですか。
 あんなのと違って、ホントに何もやってナイですから。」


と、念押しされた。(爆)

「ホントに。ナニも。」 2回云った。藤乃。(爆爆)

で、いよいよ藤乃のショーが始まる時間が近づいて来た。

藤乃に着いて、フロアの入り口に行く。
通路の端で観てるしかナイらしく、ソコで立ち見だ。

曲が鳴り、藤乃が客席を通りステージへ。

・・・オレがドキドキしてきた。(爆)

すると、店長がそっと肩を叩き
入り口に近くステージから遠い客席(ボックス)にオレを座らせた。

「ココで座って観た方が楽でしょ♪」

ボーイさんがオシボリをくれた。

・・・や、そうぢゃナイ気が・・・。
つーか、座ったら藤乃、見えねーぢゃねーか。(爆)

でも、立つワケにも行かないので
「座高の高いヒト」みたいな状態で必死にショーを観た。


・・・で、観た感想ね。

そりゃ、「場所」が違いますからね。
劇場と同じコトしたら、それこそ「場違い」でしょうね。

そう、ココは「別世界」ですよ。

良い意味での「抜けたカンジ」でショーをこなしてる藤乃は
オレには「カッコ良く」見えましたけどね。

・・・只、ココで「過剰反応」や「勘違い」をしないでホシイのは

オレは昔の映画(日活とかのね)なんかに出てくる
キャバレーでホステスにウツツを抜かしてダンサーなんて観てない、
そんな客の中でも気高く(やる気なさげにも見える)踊ってる

そういう雰囲気が大好きなのであり、
だからソコにいる藤乃が(またイイカンジでやる気なさげなのが良し)
「カッコ良く」見えたのである。

や、モチロン観てるヒトは観てるし
藤乃の動きはそりゃ、「元踊り子」ですからね
(藤乃のターンを久々に観て、嬉しく思ったりした)
ちゃんとキマってましたよ。

でも、やはり
「劇場での藤乃」と「フロアでの藤乃」は違います。
「劇場のお客」と「フロアのお客」もモチロン違います。

仕事ですからね、その場に合わせてこなすのは当たり前でしょう。

あらためて、今の藤乃の仕事を観に来て
難癖を付ける「劇場時代のお客」のおかしさを痛感しましたね。

何で、同じモノを求めようとするのか。
何で、比べようとするのか・・・。


何を観に来てるんだろうか。 一体。


来て見て、ワカランのだろうかね。
ココで
「ストリップ劇場で演ったショーと同じショーは出来ない」っつーコト。


あ・・・ワカランのか。


・・・さて、ショーが終わり
後片づけをして、時間も遅いので駅まで一緒に帰りました。


帰り道、
「もしもバイトするとしたら、何て名前で出るか。」
と云う話で小さく盛り上がりました。

月丘では仕事出来ませんので(登録商標みたいなモンか。爆)
それにせっかくだから違う名前も面白いんで、
「どーしよっかなー」などとまぢで考えてると

「姐さん、前にイベントで使った「メロウ」は?」
「うん、それでもイイけどねー・・・」

「あ、でも、絶対「メロンちゃん」とか云われちゃうんですよー。」

笑いながら藤乃がそう云ったので、負けずに返す。

「うわーっ!!(爆) それとか「メロメロちゃん♪」とかなー。わははー。」


・・・藤乃、すっごい遠くまで退いた。 すごーく遠くまでーぇ。(爆)



そして、話はどんどん脱線し、
「名前」なんて吹っ飛ばして猛進したまま、駅で別れました。


や、実にウレシイ「フロア拝見」させて貰いましたよ。オレは。

藤乃、ありがとうね。

これからもガンガン稼いでやってくれたまへよ♪(コレが一番肝心)
・・・そうかぁ、もう2年経つのかぁ。

ついこないだ、買い替えたような気がしたが。

早く元に戻るコトを祈ります。 とりあえず。


んでは、こちらは書き貯めてたモノを上げちまいますね。

>で、で、で、パソコン壊れたって?

…です。(T-T)

WINDOWSが立ち上がらないとか、それ以前の問題で
電源すら入りません。


>まだ新しくしてそんなに時間経ってナイんじゃないか?

でももう2年なんですよ。
(保証期間は1年でした。ガックシ…)

一度「熱暴走(埃等が原因で中に熱がこもり、動かなくなったりする)」
らしき症状があった以外は
このパソ、ホント順調だったんですけどねぇ…。


>直るのかい?

直らないと泣きます。_| ̄|◯

つか、救いなのはハードディスクが生きてたコトです。

(ハードディスクを取出し、旦那様のパソで繋いで確認しました。)

だからデータ(幽廓等の)は無事です。

どうやら「パソコン本体」が、イカれたようです。

ただそうなると「WINDOWSを入れ直せばイイ」とかじゃ済まないので
(だって電源すら入らない。^^;)
修理ですよ、修理。

メーカーに出して修理してもらうコトになりそうです。

保証期間過ぎてるから実費ですし
ソレより何より、時間かかるのが痛いです。

一ヵ月位で帰ってきてくれたらイイんですが…。


>昨日ぱそから書き込みする予定が…
>寝ちゃいまして…(撃沈)

私も夜中にパソ逝っちゃったんで
そっから解体。(-_-;)

旦那様のハードディスクの空いてる所にデータをコピー。
(最近、バックアップ取ってなかったんで…)
それやるのに朝までかかりました。

旦那様には寝不足で仕事行ってもらうコトになり、
申し訳ないコトしました。(落込)


>今夜こそ書き貯めてたモノを上げる予定ですが…

姐さんも、アレやコレや溜まってると思います。
とりあえず、私がこんな状態なので
私のは待たなくてイイですから、どんどん上げちゃって下さい。
後から追い掛けます。(^^;


まずはおはようございます。

で、で、で、
パソコン壊れたって?

おいおい、まだ新しくしてそんなに時間経ってナイんじゃないか?

直るのかい?


…こっちは風邪ぶり返しちゃって
昨日ぱそから書き込みする予定が…

寝ちゃいまして…(撃沈)

今夜こそ書き貯めてたモノを上げる予定ですが…




早く復旧するとイイですがねぇ…
>藤乃、お誕生日オメデトウ♪

ありがとーございまっす。

・・・が、年々、めでたく無くなってきてますが^^;
今日は同じ一月生まれの旦那サマと「お誕生日のお食事会」をしてきました。

場所は西麻布の<デュ・ヴァン・ハッシシ>

「おまかせ」でコースをお願いしました。

料理は文句無く美味しかったのですが
「乾杯だけ」とシャンパンを頼んでしまいまして・・・。

で、また飲めないのに、ついつい飲んじゃいましてね。(;?_?)

酔っ払いました。


それもグラス一杯で。←安上がりなオンナです、まったく。

前菜4品食べた後ぐらいから、心臓バクバク、頭ぐらんぐらん。
ずーーっと「ヤバイ・・・ヤバイ・・・」と、呟いてました。(・・;)

挙句、目も回ってきてしまい、気持ちが悪くなり(涙)
トイレに行こうにも、歩いたら絶対「堕ちる」状態。

「とりあえず落ち着こう」と、座ったままジッとしてたら
30秒ほど寝てしまいました。(爆)

その後も「白眼」剥いたり、急に笑い出したりと、
旦那サマはそんな私を見て、ウケっ放しでした。(恥かしぃ・・・)

結局、胃のムカムカが治まらないので
最後のお肉は食べれず。
(つーか、それまでの料理も、かなりの数出してくれました。嬉)

仔羊のロースト・・・食べたかったなぁ・・・。(涙)

(代わりに食べてくれた旦那サマ曰く「激旨」だったそうです。悔)

>…書き上げたモノをアップ出来ないでいます。

私の例のアレが滞っているせいもありますよね。

スンマセンです・・・。

が、とりあえず今夜は別のハナシで。


1月7日。仕事初めは群馬・伊香保のホテルにて
暴れてまいりました。

・・・お客さんがね。 (-_-;)



この日も、年末、仕事納めで一緒に闘った(笑)M姐さんと
あと、モノマネさんお二人と歌い手さんが一人、の計5本立ての
豪華な(ギャラがね。笑。だってモノマネさんはケタが違う。)ショーでした。

お客さんは、これまた<太田での悪夢>が蘇る「ガテン系」で
総勢100名は超える、会社設立20周年の宴会でした。

ヌードの後は皆さん出辛いとのコトでしたので
私とM姐さんは最後に出るコトに。

今回はホントに若いコばっかで(つまんねー)
歌い手さんもモノマネさんも、結構大変そうでした。

でも、モノマネさんなんかは、やっぱ伊達に場数踏んでませんね。
「さすがプロ!」と、唸らせるような「交わしっぷり」でした。
勉強になりました。

そして私の出番。

予定では、私15分、M姐さん15分、ラスト二人で一緒に5分、
とゆう段取りでした。

曲が鳴ったので私登場。

誰一人として、自分のお膳の前に座ってるヒトは居らず
各々好き勝手に座ったり立ったり踊ったり叫んだり、してました。

でも私が脱ぎだすや否や、舞台の前にずらっと馬鹿者共がかぶりつき
喚いておりました。
中にはマッパで舞台に上がってくるキ○ガイが数名居て
その都度私はソデにハケ、スタッフが奴らをなだめ舞台から降りてもらい
ようやく私が再度登場。
(や、いちいちハケてショーを中断させないと「オレも、オレも」と
キリ無く上がってきたので。疲)

なんてのが4、5回ありました。1曲の間に。(笑)

司会のモノマネさんが「あんまりマナー悪いとショーヤメるよっ。」
と言ってくれたお陰で、一瞬皆がおとなしくなったので
かぶりつきの端から順に、チップを回収がてら一人一人と遊んでました。

したら私の編みタイツに客のブレスが引っかかり
取れなくなってしまいました。

なかなか取れないので、座り込んで引っ張ってたら
「パーン」って音と同時に、私の膝の上に眼鏡が飛んできました。

「誰の眼鏡?」

と、言いながら、フと前を見ると

「パーン」

音響スタッフが、キ○ガイに殴られてました。
2発目だったようです。

また舞台に上がろうとしてた客を止めに行って殴られたようです。

そして乱闘。

でもかぶりつきの連中(20名程)は、
相変わらず舞台にかぶりつきながら「こっちこっち♪」と私を呼びます。

「ちょっとアンタら、ケンカ止めーやっ。」

でもニコニコしながら「大丈夫、大丈夫♪」

アカンわ、コイツら。

モノマネさんや、他のスタッフらが止めに入ったりしてましたが
どんどんコトは大きくなり、終いにはホテルの人達が来てしまいました。

「中止やな・・・。」

でも、曲は止まらないので
ブーツを脱ぎ捨て、舞台の下(畳)に降り
とりあえず、走りながらアクト。(爆)

したら、皆が後ろから追っかけてきて、もう何のショーだかワカンナイ。(爆爆)

ラスト30秒のトコロで舞台に戻り、羽織ってたもの全部脱ぎ捨て

「ありがとうございましたー。」

続いてM姐さんの出番。

すれ違いざま「合同、無くなったから。」と言われ

「へ?」と思ってたら、モノマネさんが来て

「ホテルから早く終わるように言われたんだよ。」と。

なるほど。
そりゃそーですな。
とっとと終わったほうがイイです。
だって殴ったキ○ガイ、まだヤル気だったようで
最後まで取り押さえられてましたからね。

多分、あの会社は「出禁」でしょう。

でもホテル側が「ショー」というモノ自体を嫌ってしまったら
それは、エライとばっちりですよ、我々。

今年初の仕事がこんななんて、縁起悪いッス。

…書き上げたモノをアップ出来ないでいます。
(最終チェックがまだなモノで…)

むーん…

今夜は忙しいんで
(タイミング悪りぃ。風邪ピーク中)
この後の連休中になりますかね。

やーまいったなー。
ゲホゲホ…

もう年明け5日目ですし、そろそろイイですかね。

ホントは
「年忘れ朝まで愚痴こぼし生スペシャル(←命名:姐さん)」
と題してカキコする予定でしたが
31日中に書き上げるコトが出来ず、止む無く断念。

今まで温めていました。
(と言っても、まだ5日ですが・・・。汗)

今日からぼちぼちと、吐き出していきましょうか。

まずは、コレ。
12月30日の群馬・太田でのコトです。
帰りの電車の中で書き始めたモノです。



朝の11時に浅草集合(現地の太田駅に13時着)の仕事なのに
なんで帰りがこんな時間なんでしょう。
(家に着いたの23時回ってました。)

今日は、もう何度もお仕事ご一緒させて頂いてるM姐さんが一緒だったんで
何とかキレずにガマンしましたが(や、充分キレたか。^^;)
多分一人だったら帰ってましたね、途中で。


>さぞかし稼いだコトでしょう。

ええ、そりゃーもー。(鼻息)
祝儀入れた封筒が、ヒョイと立つくらい荒稼ぎしてきましたよ。

でないと、やってられないっス。(憤慨)

今日は昼過ぎの宴会だし1ステだと聞いてたんで
夕方には帰れる予定でした。
ま、いつも現場行くと「ハナシが違う」ので
あんま、期待はしてなかったんですけどね。

でも、こんなにヒドイとは・・・。

今回の仕事はいつもお世話になってる
東京の芸能社(おじいちゃん)の仕事だったんですが
間にもう一つ、「芸能社もどき」が入ってました。

いつもこの「芸能社もどき」は現場に付くんですが
(来たっていつも現場で飲んだくれて、何もしないんスけどね、コイツ。)
今回は何故か付いて来ず、M姐さんと二人で乗り込みしました。

この現場(飲み屋。以下、E。)は2年前に2回ほど呼ばれてたんですが
今回はその「E」のマスターの息子の仕事仲間(ややこしいわ)
「N氏(土方)」が主催の宴会でした。

太田の駅には、「マスターの息子」と
その友達「Kさん」が迎えに来てくれていて
まずそこで聞かされたのが・・・

「宴会15時からだったんですが、17時に変更になったんス。」

先に言えよ、先に。来る前に言えっての。(-_-#)

したらEのマスターから電話が。

「やー、変更なっちゃってねー。でもホテル取ってあるんで。」

はぁ゛?!

泊まりやなんて聞いてないわっ!!ヽ(`Д´)ノ


「泊まりませんよ、そんなん。キャンセルして下さいっ。」

あのねー、私もM姐さんも「忙しい」のよ。
翌日も仕事ある可能性もあるワケで(今回は無かったけど)
んーな、遠い現場で泊まりの仕事なら
前もって言うててくれやんと、場合によっちゃ請けへんっての。

なんで、コイツらはテメーの段取りばっか優先で
現地来てから条件コロコロ変えるんやろ。

とりあえずイライラしてる私たちに、マスターの息子とKさんは
「寿司行きますか?焼肉がイイですか?」
と、気を使ってくれたんですが
ショーの前にそんな重いの喰えないので

「ファミレスに連れてってください。」

そこで1時間、時間潰しました。

次にその主催N氏の事務所に行き、ご対面。

まだ若いくせに、妙に虚勢を張ってるN。
エッラそーーに、

「・・・で、名前はなんていうんよ。」

「・・・ふじの、ですが。」

「ふじのナニって言うん。」

「ふ・じ・の、だけ。」

「字は?」

「ひらがなでイイんちゃいます?」

ピリピリしたやり取りでした。(爆)

M姐さんに関しては、ずっと名前間違えながら呼ぶっつー失礼っぷり。

「・・・アホか、こいつ。」

私のデカい独り言が事務所にコダマしてました。(爆)

そしてNが、なんかのチラシの裏に小学生みたいな字で
「進行表」を書き出しました。

17:00? 開始。
17:05? 乾杯音頭
17:10? ヌードショー

5分刻みに予定を書いてるんです、この馬鹿。
んーなにキッチリやりたいんやったら、
もっと前からキッチリ組めよ、プログラム。
几帳面なんかズボラなんか、ハッキリせーっての。

「持ち時間一人何分?」

「何も聞いてないので、15分しか組んでませんよ。」

「それじゃ二人で30分かよ。宴会2時間なのに、時間余るじゃねーか。」

「つーか、宴会始まって10分やそこらでヌード始めるんスか?
もっと飲ませてエンジンかかってからでしょ、フツー。
シラフじゃハダカは楽しめないっしょー。」

と、当たり前のコトを教えてあげ
とりあえず最初の1時間は歌い手さん(アマチュア婆)が引っ張るコトに。
で、私達の出番は18時?に。
でもまだNは納得出来ないようで

「もうちょっと、なんかやれよ。」

「はぁ?」

「客全員(50人)に酌してまわってくれよ。」

ふざけんな。

「・・・。」←姐さんと二人顔を見合わせ、返事せず。

「こっちは今回カネ無いからコンパニオン呼んでないんだよ。それぐらいやれよ。」

なんで私らがコンパの代わりせなアカンのよっ。


ここで、ふと、ファミレスでの会話を思い出しました。
(ファミレスでは、まだNと会ってない。)

マスターの息子とKさんに聞かれ、ギャラのハナシになったんです。

「ぶっちゃけ、幾らなんスか。」と。

「○円です。」

「え゛ぇーーーっ!!」

なんでそんなに驚くんやろ。そんなに安いか?

「じゃ、聞きますが、ぶっちゃけ、いつも幾ら払ってたんですか?」

「一人・・・○円。」

「え゛ぇーーーっ!!」

私達の手取りの4倍払ってたようです。
このいつも呼んでくれてたEって店は、毎度3人ヌード入れてたんで
かなりの金額払ってたようです。

が、私たちがお仕事頂いてる芸能社のおじいちゃんは
マージンは絶対○万しか取らないんで
この破格の値段の原因は、あの「芸能社もどき」の桁違いのピンハネです。

しかも今回、現場にすら来てません。

(おじいちゃんの方は浅草駅まで見送りに来てくれてました。
お茶代も出してくれましたし。
でもコヤツは、栃木だかその辺在住にもカカワラズ、顔も出しません。)

こーゆーNのような「タレントに無茶を言ってくるクライアント」に
「うちのタレントはそーゆーコトさせませんから。」
タレントを守ってくれるのが芸能社。
だからマージンとか取られても、私らは納得出来るんですよ。

でも、現場には来ないわ、
値段アホほど吊り上げるわ、
そりゃNが「うちはこんだけ払ってるんやから、それなりの仕事しろ。」
って言いたくなるのも判ります。

でも、私達は○万しかもらってませんからね。
それ以上の仕事なんかやってられません。

つーか、例えギャラ上乗せされても、ヌードショー以外の仕事なんざ
絶対しませんが。

私達の取り分を知らないNは、マスターの息子やKさんに
同意を求めてましたが
事情を知ってるお二人は、「お、俺らは関係無いからっ」
と、味方に付かず。

ふて腐れたNが一旦席を外したのでM姐さんと相談。

「姐さん、確か今日は衣裳2ポーズ(2種)持ってきてますよね?」

「あ、もう一回踊る?」

この芸能社(おじいちゃんの方)の仕事は、
現場に来ると、いつも何故だかハナシが違う。(苦笑)
今回も「1ステだからね。」と言われたものの、不安なので
おじいちゃんの仕事に慣れた私達は、
念の為、衣裳を2ポーズ用意してたのでした。

「酌するくらいなら踊ってた方がマシよね。」

M姐さんがそう言ってくれたら、ハナシは早い。

「私達、もう一回出ますわ。それならイイでしょ?」

でもお客は入れ替わってないのに、同じ踊り子が2回も出てきちゃ
正直、しつこい。
なので「二人同時に」出ることに。

勿論、持ち時間は15分間だけ。(でも実際は10分で切り上げましたが。)

ようやくNが納得したトコロで、会場に向かいました。

会場は畳のみの大広間で、ダンスシューズは履けない模様。

その広間の廊下を挟んで向かい側の8畳ほどの部屋が
私とM姐さんと、アマチュアの歌い手婆の控え室。

お客が入る前に音合わせをするコトに。

・・・が、会場にはカラオケはあるものの
テープやMDを流すデッキがありませんでした。

まぁ、・・・ね。そーゆーのはよくあるコト。
でも大抵、芸能社や、主催者、あとは歌い手さんならば
必ず「テレコ(てーぷれこーだー)」と「ジャック(カラオケと繋ぐ用)」を
持ち歩いてるもんです。

でも今回は、そのピンハネ野郎・・・もとい「芸能社もどき」は
現場に来てませんし
主催のNも「ナニそれ?」との馬鹿っぷり。

お話になりません。

そしてこの歌い手の婆。
テメーもテープ使うくせに、テレコの一つも持ってませんでした。

私達はね、所詮「脱ぐ」だけですから。
音なんて、正直どーでもイイんです。
こないだの屋形船じゃないですけど、カラオケで踊ったってイイんです。
脱げばイイんですから。

でも、「歌う」オノレがその音鳴らすモノも持って来ないなんて
普通有り得ないです。
(そりゃね、ディナーショーとかやるくらい売れてるなら別ですが
まだデビューもしてないのに、何様?ってカンジです。)

そこでまたまたM姐さん登場。

「こんなコトもあろうかと・・・」

持ってました、M姐さん。
テレコとジャック。流石です。

したら糞婆ってば

「あら♪貸してくれるぅ?」

イヤじゃ、ボケ。

でも優しいM姐さんは貸してあげることに。

そしてようやく音合わせが終了。
そろそろお客さんが入りだしました。

お客の数は50人。まあまあですな。
多くも無く、少なくも無く。適度にやりやすい数です。

17時ちょうどに宴会スタート。
「ほんまに50人もおるんか?」言うくらい、襖の向こうは静かでした。

そんな中、婆の歌が始まりました。

全然盛り上がりません。
恐ろしいくらい、婆の歌(それも台詞付き)が浮いてます。

何曲か歌ってる内に、今度はザワついてきました。

完全に婆、独りぼっち状態です。

ショーが終わり、帰ってきた婆が一言。

「若い子ばっかで誰も聞いてないわ・・・」

そぉか、若いのばっかか。(若いのキライ)
それよりも、このキョーレツに盛り下がったあとに私の出番かよ。

ちょっと武者震い。(爆)

私の音がかかりました。登場です。
したら・・・


ブレーカーが落ちました。(爆)

もう登場したあとだったので、隠れる場所も無く
仕方ないので、客席で一緒になって座り
「おいおい、ちゃんとせーよーっ。」と、野次ってました。(爆爆)

結局、1曲踊る間に4回ブレーカーが落ち
いい加減キレた私は

「スポットライト要らんから、場内灯つけてーっ」

照明ナシの、広間の電気だけでショー進行。
やっと落ちずに進めました。

客層は婆が言う若いのなんてチラホラで
(要は歌がツマランから、皆聞いてなかっただけ。)
私が得意とする「オヤジ」だらけでした。

楽勝やん。

ご祝儀もかなり集まり、さっきまでの盛り下がりは何処へやら。
皆さん、デレデレのベロンベロンの、わやくちゃでした。

見ると、あのNが、既に酔っ払って千円咥えて寝転がり、私を呼んでます。

跨れ、と。

胸のトコロに腰を落とし、咥えた千円を手で取りあげ
(絶対口でなんか受け取ってやんない。)

「ナニして欲しいん?」

すると、N。

「触らせろ。」

しかもその後、何て言ったと思います?

「オレが金払ってんだぞ。」

この馬鹿、主催ですよ、主催。
主催やから金払って当たり前。
んーで、なんでいちいち触らせたりさせなアカンねん。
アホちゃうか。
んーなら、ランパブとかのオネーチャン呼べや。
その方が、よっぽどいいサービスしてくれるっての。

死ね、アホ。

ガーターに挟まった札束を鷲掴み「ほんならコレ返そか?」
と、凄むと「や、イイ、イイ。」と、慌てて逃げました。

ちょうど曲が終わったので、ニッコリ笑顔で
「ありがとーございましたー♪」で、ハケました。

続いてM姐さんの登場。
姐さんも、この道ベテランですから慣れたもので
ちょちょいと、ヨッパ共をあしらっておられました。

私達のショーが終わり、今度はまた婆との「デュエットコーナー」です。
・・・が、候補誰も上がらず
すぐさま「カラオケタイム」に切り替わりました。(爆)

30分後、またまた私達のショーです。
「二人同時」の予定でしたが、もう皆さん泥酔のぐちゃぐちゃの為
「踊る場所」が無く、急遽M姐さんだけが踊り、2曲目から私も登場。
出るなりポンポン脱いでいき、即、アクト開始。

残りの祝儀を根こそぎ剥いで来ました。

Nが一番の泥酔だったので(最悪な主催ですわ)
10分で終わったコトも気付かず、全て終了。

この時点で19時半。
20時33分太田発の特急に乗る為、大急ぎで帰り支度。

すると、今日一日酒も飲まず、控え室の前で
ひたすらボディーガードをしてくれてたマスターの息子とKさんが
「会長が呼んでます。」と。

出た、出た「会長」。(けっ)

どうやらNの会社の会長らしく、挨拶してくれ、と。

「パッと礼だけ言って、逃げてきて下さい。」

Kさん達にそう言われ、会長の所に行って来ました。

「今日はありがとーございましたー♪」

「今夜は泊まってくんだろ?」

「いえ、電車あるんで帰ります。」

するとこの会長、酒焼けしてぶつぶつした真っ赤な鼻の頭を
もっと真っ赤にぶつぶつさせながら(←しつこい。笑)

「ハナシが違うだろーっ!!」

なんだかワカンナイけど、激怒しています。(爆)

傍にいたNは正座し、縮こまって下を向いています。

「どーなってんだっ、ハナシが違うじゃねーか。」

どーうやら私達に、宴会の後までも「お相手」させるつもりだったようです。
この腐れ土方のNは。

だから宴会、2時間ズラしたワケですよ。
だからホテルなんか取ってたワケですよ。

ここで、私がキレないワケが無く(爆)

「ハナシが違うのはこっちが言いたいスよっ!そもそも・・・」

と、言い終わらない内にM姐さん、

「藤乃ちゃん、行こ。」と私の腕を掴み、立ち上がりました。

でも、私はまだ「大体アンタ、3時が5時って・・・」と、
ジタバタ文句言ってたんですがM姐さんに捕獲されフェードアウト。(爆)

広間を後にしました。

勿論、その後も文句は収まらず
帰りの特急では二人でぎゃーぎゃー喚いてました。

「ショーの時、踊りながらNのコト殴ってやったの。」

M姐さんの右手の甲が赤紫に変色していました。


素敵すぎ。