やっと上がったぜ。(ぜーぜー)


で、着物で1日いた感想ですけどね。

この日は暖かかったので、日中はマント無しでも行けました。
(手に持つのが面倒で着っ放しだったがね)

でも、夕刻近くなるとやはり冷えましてね。
首なんかはやはり、衿巻きとか必要ですね。

足もね、やっぱり冷えますよ。

今時建物の中に入ると暖房がキツイので
中に着込むのはあまり勧められませんが…

足袋履いた足先、この後もっと寒くなったら不安かもね。


…と、コレは
藤乃ちゃん(笑)宛てのメッセージでした。


早く一緒に着物姿でデートしようぜ♪ 藤乃ちゃんよぉ(by松村雄基←こんな字だったかね)


805ae91e.jpg

お芝居の中身は

戦争黒焦猟奇畜生腹虐待近親相姦自殺母親殺しエログロナンセンス

てな、カンジでしたかね。(わかんねーか)

「私にはちょっとワカラナイんです」と
羽衣子は困ったように云ってましたが
オレには大体見当付きましたよ。
オチまで読めるようでした。

「昼ドラ」位ね。
(つーか今昼にやってる「貞操問答」ってドラマ笑えるぜ)

…嫌ね。年取ると。(苦笑)


コレがね、10代とかで観たりしたら
そりゃあ「新鮮」でしょうよ。

しかしね、その頃から色んなモノを見過ぎたワタクシは
ちっとも「澄んだ目」なんて無くてね。

あー何か懐かしいなぁ…とか
こう云うの、以前も見たなぁ…とか
全然可愛気が無いんでした。

が、途中すっげー面白いシーンがあって
吹き出しそうになりましたが
狭い客席で、沢山の客。(結構いたわね)

みーんな「真剣」な赴きで観劇なさっているので
なーんか遠慮しちまいましたぜ。

そしていよいよ、羽衣子演じるの舞台佳境の重要シーン。
「鳥子のストリップショー♪」です。


…ワタクシは彼女のね、
「クッサイ演技混じりの踊り」がね
すっごく好き、なんですよ。(悪く思うなよ。褒めてんだ)

在りし日の彼女の舞台もね、ソレが好きだったのよ。

…ソレを、また見れて
ワタクシはとっても嬉しかったですよ。


んで、無事2時間の上演を気絶するコトなく観劇。(鼻息)

途中幾度か暗転になってくれたおかげで
その隙を狙って「肩回し」「首回し」「首ひねり」

「背伸び」までしてました。(体操か。爆)

最終日で公演後は忙しいと思い、
あらかじめ伝えておいたので羽衣子には会わず劇場を出ます。

が、やはり入口で暫し一服。

役者の方達が知り合い等に挨拶しに出て来ました。

このお芝居で、「金魚」役の方が
知り合いの方と話しているのを耳にしました。
(金魚さんは浴衣が衣裳でございました)

知り合いの方の声。
「『金魚』なんて云うからさー、
 サカナの着ぐるみとかで出て来るのかと思ったよー」

かなり心配だったようでした。(爆)


面白い会話が聴けたので(なんぢゃそりゃ)
煙草を消して劇場を後にします。


…羽衣子へ。

招待客扱いにしといてくれて、ありがとうね。
その上、分解社特製来年暦も戴いてしまい
(中野の「タコシェ」で販売中)

重ねてありがとう。

次回、会える日は何時か。楽しみにしているよ。


…そうして1日中着物姿も無事崩れるコト無く(嬉涙)
ワタクシは疲れて崩れかけながら
家路に向かったのでありました。


久々に色?んなモノを見た1日でありました。
e09ce60f.jpg

コレがその舞台のチラシ。

羽衣子は
「亭主と死に別れ、ストリッパーになる女、鳥子」役
とのコト。

「鳥子」→「トリコ」→「虜」なの…か?(苦笑)

まぁ、イイとして。


劇場は小さく、入口で靴を脱ぎ入ります。
場内は舞台と客席の境が無く
そのまま後ろが雛壇になっている客席でした。

1番前に座ろうかと思いましたが
目の前の役者を足下から見上げるようでしたし
着物なので足を崩すコトは出来ない。
(そりゃしんどいぜ)

かと云って、1番後ろ、雛壇上まであがるのは
またしても着物では足上がらない、危ない。
(コレまたしんどいぜ)

迷った末、雛壇2段目入口側1番端を選び座りました。

時間が近付くにつれ客が増え
前にも後ろにも客が座り、気付きました。

雛壇がそのまま席になっているので
自分の足が下の客のお尻に
上の客の足が自分のお尻に来るのです。

…寄りかかるコトも、足を伸ばすコトも出来ない。

うーん(白目)

実際、前に座る客が体制を変える度に
膝に「エルボー」喰らいました。

そして、朝から大忙しの疲れが
温かい場内にいるウチに沸騰して参りまして…

やべー(益々白目)

独りクラクラしてる中、場内暗転。

いよいよ舞台上演です。
ec4b8ff0.jpg

小石川植物園での紅葉見物を堪能し
身内と別れ(と云うか逃げ出し)、
向かう先は中野でありました。

中野…と云えば
若かりし日にワタクシが生活していた懐かしい土地。
勝手知ったるつもりも時は流れ、記憶は薄らいで行くばかり。

駅まで羽衣子が迎えに来てくれました。


久しぶりの再会。
以前より少しほっそりと
大人びた彼女が立っていました。

「着物で行く」とは伝えていなかったので
傍に行くまで気付かなかった様子。

少し「意外」な顔をしてましたっけ。(笑)

最終日はマチネーもあり、慌ただしい中
待ち時間を割いて迎えに来てくれました。

まずは劇場の場所を案内して貰い
それからカフェで久しぶりの談義。

相変わらず元気に、活動的に過ごしているようです。

そしてこの度の舞台について前知識を戴くと

「何だか『絶叫系』で…コワイんです」

稽古の際も一人で耳を塞いで悶絶していた、そうで(笑)

「2時間ありますから、辛くなったら構わず席を立って下さい」

と。


ま、若い頃に散々色々見ましたからね。
免疫ついてるから大丈夫、と云いましたが
ソレよりワタクシは疲労のあまり
上演中に爆睡してしまう方が不安でしたぜ。(苦笑)

そしていよいよ時間も迫り
劇場まで戻り、羽衣子と別れました。

久しぶり。の地下劇団(かな?)の演劇観覧です。
744c4475.jpg

…で、後ろ姿ね。


コレで髪を「夜会巻」なんぞにしたら
それはそれは大正ロマンチックで良いのでしょうけど。

やはり、そこまで「ロン毛」にしてないので
無理でございました。

コレまたアールヌーボーっぽい形の簪を刺して。


偶然にも、着物の色合い、帯の色が
建物と合っていて嬉しい限り♪

しかし本当に素敵なトコロですよ。
是非足を運んで癒されましょう。
69f72abd.jpg

…で、いい加減
ちゃんと着物姿を見せておかないと
藤乃ちゃん(笑)にまた催促されちまいそうなので

マントを脱いで撮影会。(笑)



背景は「旧東京医学校本館」であります。

洋風建築に時計台。
当時、絵葉書となった程の美しさでした。
(コレは改修されていると思います)


実はこの着物、
「西洋の建物」を柄とした『銘仙』と云う
大正から戦前にかけて流行した素材の着物であります。

よーく見ないと、ワカランのだがね。

それと、コレもよーく見ないとワカランのだが
帯も「洋風の建物の窓」を柄にしたモノでありまして…。

銀座の夜遊びの際は
コレに「月」の形の帯留をし
半衿は夢二の「マッチ」柄。

「夜の街に灯を灯す」と洒落こんでみたのですが
この日は昼間っからのお出掛けの為
帯留はアールヌーボー文様のモノに替えておきました。

実に「洋風好み」であります。
586b03ff.jpg

月影の 枝垂の下の 月子哉


(爆)


や、コレ
「月影枝垂」と云う木なんですってさ。

さすが「植物園」。色々な植物があります。

ココは四季を通して楽しめるトコロですね。

園内に桜並木もあって、
桜の木も綺麗に色付いてましたが
きっと春に来たら、
それはそれは美しい桜の花見が出来るコトでしょう。


今度は春に来よう♪
71e78dc7.jpg

で、イロハモミジと一緒に♪

葉が小ぶりで、本当に可愛い。

落ち葉があれば拾って行こうと思いましたが
(まさに紅葉狩り、ですね)
まだシッカリしていて全然落ちていなく。

なので写真に納めておきました。
24c79f1c.jpg

秋深く イロハモミジの 葉は紅く
色葉輝き 紅葉美し

ベルベッドのマントを背景に
紅葉を写してみました。
(イロハモミジ、と云うそうです)


紅が本当に綺麗でした。

こんな色柄の着物、きっと素敵よね。
c2908f60.jpg

…ヒバの木の実。

コレ、大きな樹いっぱいたわわに実っていて
見ると、とても可愛い。

紐を通して、アクセサリーなぞにしたら良いのでは♪と
周りを探すも、シッカリしていて落ちてる様子が無い。

ようやく1個見つけたが
何だか不憫になり、木の枝に乗せておいた。

その様子。
5f7ec0cd.jpg

以前銀座に「夜遊び」に行った際と
同じ着物姿で出掛けました。

あん時、スッカリ良い調子で喋り倒し、
その上雨に降られてちゃんとした写真撮って無いからね。

後日藤乃に
「全身の写真ナイんスかー」と散々云われまして。

ホントはこの日は違う着物を着て出掛けようかと
どれにするかと考えていたのですが
写真も撮れなかったし、
藤乃ちゃん(笑)にも云われましたしね
同じ着物に致しました。

燃ゆる木立の下にて。

(つか、ちっちゃくて見えねー)
14f5c573.jpg

…先日、藤乃は遠出して
素敵な紅葉見物に出掛けて来ましたよね。

ワタクシも、ようやく出掛けて来ましたぜ。

近場。都内の絶景スポット。
「小石川植物園」でございます。

去年初めてこの時期に行ってみましたらね
まぁホントに都内とは思えない程の美しい風景。
「植物園」と云うだけあって、見事に整備された庭園。

痛く感動致しましてね。
今年も是非、とやって来たワケです。


…が、
この日は我が子猫、羽衣子が来京し
とある劇団の舞台に客演するとのコト。 ソレの最終日。

久しく会っていないので、是非彼女の仕事振りを
再会と共に拝見しようと約束してました。

で、「予定がある」と告げていたにも関わらず
身内達の我が儘にて、
同じ日にこの紅葉見物の予定を立てられてしまったのでした。

羽衣子に会いに出掛ける為に
着物姿で参上しようと決めていたワタクシには
何とも忙しい日となってしまいました。

朝8時起床。身支度開始。(ほぼ生きた屍の如し)

今月からワタクシも仕事が増え
仕事行っちゃー死に、行っちゃー死に、してますんで
早朝から準備、そして昼紅葉見物、夜演劇観覧、とは
まさに地獄のハードスケジュールであります。

そしてその上着物姿で1日中です。

超不安。色んな意味で。


…ブツブツ文句云いながらも準備完了。
小石川植物園に到着です。
さきほど、池袋の仕事から帰宅。

次は6時に家を出て、羽田に向かいます。



今月も来月も、大阪に行く前日に仕事、
大阪から帰った日に仕事っつーパターンが続いてまして
ちと、キツイです。

おまけに今回、またまたせっかくの休み(27日の日曜)に
レッスン入れてまして(朝9時?)
ずーーーーーっと寝不足(つか殆ど寝てない)状態が続きます。

で、もう既に、その影響が出てまして
体重が落ちて行ってます。

意外にカラダは元気で、食欲も旺盛。(いつも腹減ってる。笑)
姐さんからは「また喰ってんのか。」と、突っ込まれるほどです。

なのに、痩せてく・・・。

貧乳なんて通り越してますよ。

よく「細?い!」と、ホステスちゃんやお客さんに
腰周りを触られますが
あばら出てますからね、今は。

でも前から見たら、腹筋はシッカリ。(爆)
背筋も、ムキッと。(爆爆)

(こないだ腹筋数えてるホステスちゃん居ました。^^;)

ま、乳は諦めたとして(おい)
ケツだけは、絶対落ちないでくでぇ・・・。(T-T)

・・・さて、明日25日の金曜は難波・千日前の「ニュー○イヤル」
26日土曜も同じく難波の「ミ○パール」。

両店とも、年内は今回でラストです。
(12月スケジュール合わなくて。涙)

・・・と、結構ココ読んでるお客さんいらっしゃるので告知。(笑)

ちなみに28日月曜の「ミ○大阪」は、
12月、4回も入ってるので、まだタップリ見れますよー。(爆)

ヒーヒー死ぬ死ぬ寝れないタスケテー



もうダメだ。タバコ吸お。


・・・ま、しょーがないな。(爆)
こんなんばっかかよっ!!!

綺麗な写真はねーのか! キレイなのはっっ!!!





・・・ありませんね。


や、藤乃。 昨夜もありがとう。

お陰で楽しかったよーーー(T^T)←号泣。

が、オレがあんなに涙しても、
全然「ヨロッ」としてくれなかったな。

ちぇ。
また、「藤乃は涙に弱いからなぁ。」ってハナシになり
急にいそいそとティッシュをハサミで切り出した姐さん。

それを顔に貼って一言。


1000384

「オレだけの藤乃になってくれぇ・・・(泣)」







・・・。(無視)

なんか書くのメンドーになったんで
ヤメます。(爆)

521a890f.jpg

こんなの首や肩に貼りまくってました。


…結構効くのよ。コレ。(老い)


…しかし、よく喰うなぁ。

まさに「ヤセの大喰い」だなこりゃ。(感心)



うちから一番近い横浜・南区の「大鷲神社」の
お酉さんに行ってきました。



今年は2回しか無いからか
(毎年、大抵3回やりますよね?)
すんごいヒトでした。

ま、大阪の「えべっさん」にはかないませんが。^^;

横浜橋の商店街から既にダダ混みでしたが
あちらこちらの商店が店頭で屋台出してまして
もうそこからスタートです。(ナニがだ)

まず商店街にて
「ヤキトリ(皮・キモ・モモ・つくね)」を一串ずつたいらげ
続いて別の屋台で「玉こんにゃく」と「もつ煮」をペロリ。

そしてお酉さんの縁日へ。

甘いものが食べたくなったので「今川焼き」を一つ。

今度はソース系のモノが食べたくなり「ヤキソバ」。

何故か韓国料理屋の屋台が多く
「韓国風うどん」と、
店のオネーサンから無理矢理「食べて」と渡された「トッポギ」。

このトッポギ、唇切れるんじゃないか言うくらい
辛かったです。^^;

そしてまた甘いものが食べたくなったので「きな粉餅」。

仕上げに「広島風(今、「ヒロシ工夫」て出てびっくり)お好み焼き」で〆。

お腹一杯になりましたー♪

そして大鷲神社には一歩も立ち寄らず
お酉さんを後にしました。

んまんま♪
…こちらは昨日、3時間程の睡眠で探索決行。

出掛けて来ました。

なので、まさに藤乃が船酔いしてる頃
ワタクシは眠くて舟漕いでました。
(ビデオ見ながらウトウト揺れてた。笑)

今朝藤乃からのメールにも、先程ようやく目覚め
(どうやら風邪ひいたらしい)
今気付きました。


でも明日、予定通り会いに来れるのなら詳細は明日聞こうか。


…今日は出掛けてると思ったんで
ココに返事しとくよーん。


>船酔いしてるらしい。

・・・確かに。^^;

昨日は少し酔いました。

ココに書きたいアクシデントも多数勃発しましたが(苦爆)
さすがに4連ちゃんの仕事を終え、急に脱力感が。^^;

とても屋形船レポを楽しく書く気力(体力?)が残ってませんで・・・

今夜頑張って書くので、しばしお待ちを。
船酔いしてるらしい。
「鼻毛」がメインだったの、伏せておいたのに

書きゃあがったなーーーっ!


…と、
こんな風に書き込んだら
益々「鼻毛」を印象付けてしまうんだった。(爆)


では藤乃、
是非「イカす海の男」とのツーショット、期待してますぜ。

で、

「イカとツーショット」は絶対ヤメロ。

おやすみなさい。(寝ろよ)


「ネタが無い」と言いながら
今、カキコ投稿。
で、開いたら、下に姐さんのカキコが。


・・・すごい温度差があるような、
空気が読めてないようなカキコで失礼しました。(爆)

・・・で。

ね、やっぱ無理だったでしょ?探索。(笑)

ちょっと鼻毛のハナシ、長すぎましたね。(爆)

では、ホントに寝まーす。


先ほど、所沢から帰ってきました。

いい加減、疲れが溜まってきたのか
しょっちゅう足が攣ります。

大して踊ってないのになぁ。

そして本日・日曜は屋形船で踊ってきます。



去年の12月以来です、屋形船。


確かその12月の時は、前日まで山形・酒田で仕事だったんですが
翌朝、庄内空港から飛行機で戻る予定が
その日、関東方面、台風でも無いのに(12月ですからね)
強風のため飛行機が着陸出来ず
勿論、庄内空港にも飛行機が来ず
4時間も空港で缶詰状態になるハメに・・・。

その時の模様はコチラ。

<2時間経過>

<4時間経過>

確かJALは早々と「欠航」としたのに
ANAは第二ターミナルが出来たばっかのせいでか
意地でも「欠航」の告知をしてくれず
新幹線に切り替えるべきか踏ん切りが付かなくて
泣きそうでしたぁ・・・。
(新潟県中越地震の後だったんで、
上越新幹線は走っておらず、山形新幹線しか手段は無かった・・・)

しかも、やっと飛んだ飛行機で着いた羽田の第二ターミナルは
オープンして最初の日曜だったからか、激・鬼混みで
フラフラで浦安に向かったのでした・・・。

ま、初の屋形船は楽しかったんですけどね。

その時の模様はコチラ。

<海の男サイコー♪>

さて、明日(つか今日)は新小岩で待ち合わせです。

どこの川で乗るんスかね。(地図見たら色々あった。)

また帰ったら報告しますね。

海の男と写メ撮りたいなぁ。

んでは、おやすみなさい☆

こんなコトがあったので記しておきますね。

フロアショーでの「アクト」廻りの際の出来事です。

場所は赤羽ハ○ウッド。(もう伏せ字、やめたら?)
今夜は普通の客入りでしたが
どうしたモンか、「明るい」お客さんが多くてですね
行くトコロ行くトコロ、気さくな対応をして戴きました。


そんな中、一人で来てて
ちょうどホステスさんが席を離れてしまい
独りぽっちで座ってるオヤジのトコロを通りかかりました。

「なぁ、キミ達みたいなのは、皆オトコに囲われてるんだろ?」

親指立てて、知ったような顔でオヤジは云いました。

「や?そんなコト無いですよ。」
と、ユラユラしながら応えると

「や!絶対囲われてんだって!な?そうだろ?」と。

昔からそう決まってるんだ、などと云うので
「以前はそのようなコトがあったのかもしれませんが
 今は皆さん、普通のお勤めと同じように
 自分で決めて、自分でお仕事戴いて
 こうして働いているんですよ」

と、バカ丁寧にお応えしました。

なのにまだ、
「や!絶対囲われてんだって!」

「大体アレだろ?
 そのコレ(タツーを指してる)本物だろ?
 そう云うのキミ達みたいのは皆入ってるけど
 そう云うのは大体オトコがさせるんだろ?」

出ました。(笑)

裸商売→入れ墨→売り飛ばされる→オトコに囲われる

コレです。古い映画の見過ぎ症候群。

んで、

「だからアレだろ?
 キミ達には見るだけで触っちゃイケナイんだろっ?」

…。

「そうであれ、そうでは無いにしろ
 触っちゃイケナイんですよ。」

まだ、アホ丁寧に返すワタクシ。(笑)

したらオヤジ、「…でもなぁ」と。

「オレはキミみたいな踊り子さんに、20万円キャッシュで
 ヤラして貰ったコトがあるんだぜ。(得意顔)」

「へー」←当たり前だが、まるで信じて無いワタクシ。

「本当だぜー!20万キャッシュだぜ!
 そん位のカネなら、ポンと出すぜ。」

…まぁ、そうですかぁ?…と
もう面倒臭く、つまらなくなりましたので
ユラユラしながらオヤジの元から離れました。
(この間、隣の席の客とホステスさんがずっと話聞いて笑ってました)

「20万キャッシュでポンと出す」のに
千円のチップはガンとして出さない。

そんなオヤジでした。

…ま、他のお客さん達が
チップ握り締め遠くからチップ振り振り呼んでくれましたがね。


…昔、とある裸事務所に所属していた時
別の事務所なんかに用があって行くと必ず

「その事務所にいるなら、○○と繋がりがあるだろ。」と
決め付けたように云われたコトを思い出しました。

確かに、所属していた事務所と○○てのは
(あまり評判のよろしく無いその業界のヒト)
繋がりがあったようですが

その○○をワタクシは知りませんし、
ソコに関わった仕事などしたコトもありませんでした。
確かに過去、色んなコトはしましたが、
ソレはまるで別のトコロででしたし
ワタクシはその事務所に入ったのは
「ストリップとポルノ映画」のみの仕事を戴くためでした。

ソレなのに、ドコへ行っても所属事務所の名を云うと
そのようなコトを云われ、
どんなに「○○て方は全く知りません」と云っても

「や!絶対そうなんだって!
 仮にキミが知らないとしても、裏で繋がってんだって!」

と、決めつける。

その後、その事務所から離れ
劇場のコースをくれるトコロと直に劇場の仕事を貰いましたが
(ダブルマージンのため。
 で、最終的にソコに落ち着き13年。)

とある用事で、またとある裸事務所に行く用事があり
ソコで今ワタクシは劇場の仕事をしている、と話すと

「へー。ロック座?」と。

この時点でワタクシ的には「アウト」です。(笑)

ロック座さんを悪く云うつもりは全くありません。
ワタクシが「マイナー志向」なだけであります。

「違います。小屋所属ではなく、
 コースだけくれるトコロからです。」
と、返すとこの裸事務所のオヤジ
(芸能事務所とか云って、裏で裸商売して稼いでる)

「あー判った判った。
 そう云うのは大体アソコなんだよなー。
 何だ、オレならロック座に知り合いがいるから
 ロック座の舞台乗せてやれたのに、
 そんなトコで劇場乗ってんならダメだなー(得意顔)」

こう来やがりました。

誠に恐縮で申し訳無い話ですが、
ワタクシは劇場の仕事を始める際
ロック座さんに入る予定をワタクシ自らお断りしておりますのよ。

…ワタクシ、団体行動てのが生まれつき苦手でしてね。
ソレで小屋無しのコースだけ戴ける、
そして社長が女性の事務所を選んだのでありました。


そのオヤジはワタクシが、「ドコ」に所属しているのか
まるで名前を上げないクセに
「知ってる知ってる、オレは判ってるんだよ」と。

「名前、云ってみて下さいよ。」と、突っ込んでも
「判ってるんだって。」の一点張り。

しまいには

「ココで云わない方がイイんぢゃナイのか」だと。

話になりません。


自分が勝手に決めてしまい、ソレが絶対と思い込み
自信満々の勘違いオヤジ。

こう云うオヤジって、ホント嫌いです。

こんなコトもありました。

劇場で仕事の際
待ち時間にロビーに出ると
見知らぬ客が近付いて来ました。

「月丘さんって、ヤクザのオンナなんですか?」

いきなりです。

「や、アナタのようにカラダに入れ墨が入ってるヒトは
 大抵ヤクザのオンナだと決まってるぢゃありませんか。」

…。


決まってるんだそうですよ。

それぞれのオヤジ達、それぞれに。




…長くなってしまいました。 もう朝です。

と、云うコトで本日も予想通り探索は無理です。藤乃。

散々盛り上がってて(内輪メールで。笑)
その後の書き込みがこんなネタですまん。

では、おやすみなさい。