場を替え、趣向を変えて。

縁あって「月丘雪乃」活動再開致します。

…細かいコトはまた後日。

まずは本日の「東京新聞」
に掲載された記事をご覧下さいまし。

皆様、どうぞよろしく。

-----

追記:携帯用のURLを張りましたが、上手く表示されないようなので
こちらに転載させて頂きます。(9月9日管理人)


-----

芸で迫る足跡、生きざま 永井荷風 没後50年で


没後五十年を迎えた作家・永井荷風の生きざまや作品を、
講談と幇間(ほうかん)(たいこ持ち)芸、舞踊でたどる公演が来月十六日、
台東区浅草一の東洋館である。

一昨年から始まった「下町芸能大学」の第三回。

場末で働く女性などにも愛情を注ぎ、好事家などとやゆされた荷風だが、
この公演では、戦争に対する荷風の鋭い批判眼なども浮き彫りにする。
 (丹治早智子)

出演は女性講談師の神田蘭さん、
幇間芸を伝える数少ない芸人の悠玄亭玉八さん、
舞踊家の月丘雪乃さん。

神田さんは作家・野上周の新作「荷風先生ここだけの話」に挑戦。
長編講談で荷風文学の神髄と素顔に迫る。

幇間は、客と芸者の間を取り持って座を盛り上げる。
玉八さんは「お声がかり四畳半襖(ふすま)の下張」と題し、
劇場ならではの“お座敷芸”を披露する。

荷風は浅草のストリップ劇場に出入りし、楽屋で踊り子たちと交流を重ねた。
今回はストリップ出身で、現在は昭和のレトロ感あふれる踊りを追求し
独自の活動を続ける月丘さんが、
荷風の作品「〓東綺譚(ぼくとうきだん)」の世界を艶(つや)やかな舞で表現する。

十月十六日午後六時半開演。前売り二千五百円。
問い合わせは、東洋興業=(電)03(3841)9606=へ。

※〓は、さんずいに墨


東京新聞web
2009年9月6日

登山川遊び翌日。
案の定ワタシは足筋肉痛腰痛併発。

膝周りの筋肉が張り、痛いのなんのって…ヨレヨレでした。
翌日から仕事とかぢゃなくて、本当に良かったです。
(つか、仕事の前日なら絶対行かねーし)

湿布貼りまくり最後の夏休み日。家でダラダラと過ごしました。

川から上がる前。
記念に家族に写真を撮って貰いましたが、
家人より子の方が何故上手い写メ撮り…

上手い方を上げときます。(笑)

20090905005844


少し晴れて来た空は、夕焼け色に染まり出し
「きれや」のご主人に教えて貰った近道を行くも

迷いました…

普通のお宅の並ぶ住宅地に入り込んでしまい、アタフタしていたら
自家菜園の手入れをしていたご婦人に出会しまして…

コレまた親切に、正確な道を教えて戴きました。
(ホント、この辺の方々は気さくで親切です。)

…見えて来ましたいよいよ渓谷です。

20090905005820


ちょいと疲れたので、甘いモノでも戴こうと
行きに商店街で見つけた甘味処「きれや」へ入ります。

こぢんまりとした入口を開けると、長?い石敷きの通路があり
不安になりながらも奥へ進むと、ぱっと天井の高い店内へ。

呉服屋のご主人が片手間にやってる甘味処でした。
(そう云えば呉服屋さんのすぐ横に店の入口がありました)

下山は来た道を引き返すだけなので、
嘘のようにあっと云う間に山から下りました。

あら、ホント楽勝ね。なんて負け惜しみ。内心ホッとしてました。

この辺りは家はそんなに古くなくとも、
本当に古い蔵が多く興味深く思ってるトコロに、
「五日市郷土館」と云うのが近くにあると云うので次の目標はソコです。

山頂より望む。

20090905021558


行きは良い良い帰りはコワイ…?

山登りって、登るより下りる方がキツイんでしょうか。
急な道を下りて行く際、膝には負担掛かるし何しろ爪先が痛い。

「痛て痛て痛ててて…と騒ぎながら
下りの山道を下りて行きました。

「山頂まで後少しらしい」と云う言葉に励まされ、いざ山頂まで。

そして約10分後。(早っ!!)遂に山頂到着?っ!!

見晴台から見える街並を見ようと見晴台に上がるも、
年期が入っていて、崩れるんぢゃねーの?っぼく…

3秒で退散。

今コツコツ上げてんだから、


急かさないの。(笑)

金比羅山入口から山頂までの登山時間は約30分との話。

ふん。楽勝ね。

と、なだらかな登山コースで安心しながら登っていたら、
途中道がやたら急になったり細くなったり(すぐ足横は谷のように)

そしてどんどん森深い雰囲気になり、
またこの日は薄曇りなのは助かりましたが(暑くも無く寒くも無い)、
何となーく薄暗くなって来て…

だんだん息が上がり、半ばヤケクソな気分でひたすらがむしゃらに登山。

駅前商店街をブラブラ歩き、
ちょっと時間が止まったような建物や古い蔵のある街に興味を持ちながら
住宅地に入って行くと久々に目にする野菜畑が、
それぞれのお宅にありました。

(長いタイトル省略したー。)

新宿駅からJR中央線の「ホリデー快速」と云う電車に乗って、
向かうは「武蔵五日市駅」。

1時間程の乗車中。ほとんどガン寝してたのですが
いやはや車内の寒いコトなんの

首にタオルを巻き付けて、ブルブル震えながらも…ひたすら寝倒し。

前夜ろくすっぽ眠れず。
ようよう3時間程度の睡眠の後、すぐに起床時間。

…トコロがね。
肥っちゃってね。着る服が見つからないの。
超アウトドア。なんてすっかり遠のいた生活してましたしね。

8月下旬。「夏休み」最後の日曜日。
何十年振りに「山登り」なんてしに行って来ました。

…つか夏休みって、普通8月31日までぢゃねーのかよ

近頃の学校はワタシ達の世代とはシステムや名称が変わり、
何だかピンと来ない気分です。

「授業参観」を「学校公開」と云ったり
「身体測定」を「身体計測」と云ったり。

学科も「理科」「社会」と云ったワタシ達の頃の授業は無く、「生活」。

何だよソレ。「せ・い・か・つ」ってよー。

そして私達の頃は3学期と云ってたシステムが
何を参考にしてるのか「2期制」になり、
終業式もせずに半端な状態で夏休み。

私達の頃にはあった「夏時間(短縮授業)」もなく、通常なまま

「はーい。明日から夏休みでーす

って…全くピンと来ないんぢゃねーのか。

我が子は只今小1ですが、
夏休み明けの初日からいきなり給食ありの5時間授業。

フツー休み明け初日って、挨拶だけしてサッサと帰って来ないのかよー。

「ゆとり制度見直し」とかでこうなったらしいのですが、
大人の勝手に振り回される子供達、何だか可哀想です。

ま、今に始まったコトぢゃナイんでしょうがね…

その傍らに観ていた「メイド刑事」。

来週、最終回だって…

うえーん サミシーイっ

ちなみに今回のヒット。

「祇園のキャバクラ『アゲアゲ』の店長だ」

ご主人様が厳しい顔で
メイド刑事に説明してる時のセリフ。

アゲアゲ

先週なんてメイド刑事はメイド服姿で(当たり前だ)

「メイド・キ?ック!!」

と、半ばやる気のナイ声で
「悪のお掃除」をしてました。

楽しかったのになぁ…


ありがとうございました。管理人藤乃様。

大阪では楽しく過ごした様子。
良い休暇だったようですね。

そう云えば「囈言」にリニューアルしてから初のピックアップ?

いつも2ヶ月毎に纏めていた「迷文集」ですが
5月6月は殆ど「業務連絡」でしかブログが動いてなかったので(爆)
今回は4ヶ月纏めて編集しました。

<月丘版>ピックアップ完了です。

颱風一過で本日快晴。

…つか、暑過ぎだっつーのさ

只今ワタシはちょっとした「お勉強」をしてまして、
今はその帰り途中の一服中。

色々勉強したいコトが沢山あるのに、
なかなか上手く時間が取れず、やっと空いた時間でのお勉強。

実になれば良いが…