藤乃、こんなのやるぞー


(新聞切り抜いておいたー)

で。
ウッカリYouTubeで観ちゃったんです。(笑)

「ヘルタースケルター」。

面白かった。ですよ。
エリカ様可愛かったし。
他の役者陣みーんな気持ち悪かったし。
ラストシーンがワタシ的に満足出来ませんでしたけど。

しかし。この映画。
ワタシの脳内では内容は今時な楳図かずお先生のマンガを想像しながら観てしまいました。

何しろ苦悩する、絶叫するエリカ様の顔が
楳図かずお先生のマンガに出て来る美少女にソックリ。
いわゆるゴテゴテ豪華な「お金持ち」設定も(今ではセレブと云うね)
楳図マンガがブレイクしてた昭和のあの当時、
マンガの主人公や舞台がお金持ち設定で小市民なワタシ等子供達には嫌味な感じだったのを彷彿させてくれました(笑)

ヘルタースケルターを観終えワタシの中で
エリカ様はすっかり「絶叫女優」な位置付けになってしまいました。(笑)

是非エリカ様には以前あったけどダメダメだった
楳図かずお先生のマンガに出て来る美少女を再映画化して演じて欲しいですね。
(残念ながら美少女にするには大人になっちゃってますがエリカ様)


…そーいや楳図かずお先生の映画始まってるなぁ。(愛ちゃん主演




<血迷い言>より


〈映画夜咄。からの続き〉

…で。
藤乃が話してた「るろ剣」の主題歌唄ってるミュージシャンについて再度読んでみようと
血迷言を開けたワケですがー

なんと。瘤少女ネタが新たに上がってまして。

何故今ソレ?なーんてウッカリ釘付けになってしまいました。(笑)

ラジエーターの中に棲む瘤少女が小さなステージで唄うシーン。
藤乃が上げた動画を開けると深夜の暗がりの中でその唄がフルで流れました。

闇の中にぽっかり浮かぶ白い少女の姿は何とも云えない気味の悪さ。
(いかにも作り物っぽい両頬の瘤が馬鹿馬鹿しくもありますけどね)
この唄声を過去ワタシはどーしても自分の舞台で使いたく、いよいよ使い、
藤乃がたまたまその舞台を見てその後宿泊先のTVでその映画自体を見てしまう。
何て気味の悪い偶然でしょうか。(笑)

あの頃ワタシは観客が気楽に見られない舞台ばかり創ってまして。
所属先から注意(笑いながら、やんわりと。ですが)を受けました。
やむなく「お客ウケ」をする舞台を創り始めていました。
しかしながらやはりどーしてもこの
「誰からも好まれるような」と云う設定が性分に合わず、
「演目の〆くらいイイだろ」ってんで使ったのがあの曲。

In heaven everything is fine ♪

天国では何でも「いいね♪」。←今風に

あの当時舞台は冒頭フレンチポップスな曲から始めていました。
(後にリニューアルした際は選曲を変えてもう好き放題でしたが)
衣装や小道具に綺麗や可愛らしいモノをふんだんに使って…

そして〆にあの瘤少女の唄。

どー見たって少女とは程遠いオンナが少女趣味な世界を演じてる奇怪。
(そして主人公は人形な設定。笑)
まさに少女趣味オナニーな馬鹿馬鹿しいショウ。

でも。
ただ外観だけを見て「可愛い♪」とか寒々しいお世辞を貰うのではなくて、
正直ワタシ的にあの舞台は

「きもちわるい」「なんかこわい」

こんな風に感じて欲しかったのでした。(´・ω・`)

がしかし。
所詮アウトラインしか見て貰えない世界ですし
結局は「良い」風に思って貰え晴れてイメージアップ。(笑)
ソレはソレで計画通りではありましたが自分的にはまるでスッキリしない。

…ま。モチロン
解って貰おうなどとは思っちゃいないんですけどね。

「すごい綺麗でしたっ‼︎」←衣装や小道具がだろう

「姐さん可愛いのも出来るんですね‼︎」

…などと返答に困る無理やりなお世辞を云うコばかりの中、
縁あって藤乃と同じ舞台に乗ったあの日
この舞台を観た藤乃が身終えた後舞台裏に吹っ飛んで来て開口一番

「姐さん怖いですっっ((((;゚Д゚)))))))」

と云ってくれたのはワタシ的にホント

嬉しかったのでした。(笑)

…そんな想い出に浸りながら瘤少女の動画を見て、
るろ剣はすっかり何処かへ飛んで行ってしまい
予告としてDVDに入っていた「ヘルタースケルター(エリカ様主演作)」の方に

気が行ってしまった夜でありました。







<血迷い言>より


(忙しさのあまり10日以上も放置してしまっての書き込みです。m(_ _)m)

おはようございます藤乃。
巷ではデング熱の流行の怖れが出始め、
代々木公園から始まり時間の問題と思っていた新宿でもウイルス蚊が発生。
ウワサでは神奈川のどこかでも騒ぎが起きたらしく…

以前にも増して蚊に刺される嫌悪感が強くなっています。
(以前よく深夜に「蚊に刺された‼︎」とメールを投げ合ったり、書き込みしたりしたモンです。懐)

そして「飴あげる」と渡された飴を食べた少女が泡を吹いて倒れる事件…
(このニュースはいつの間にか報じられなくなり、今度は少女行方不明事件騒ぎが起きています。)

どうぞお気を付けてお過ごし下さいまし。
(つーか「知らない人からモノを貰っちゃいけない」とか教わらないんだろか)

〈追記:コレ書き出したのは9月8日。〉


…さて。
ある日の夜フイと血迷言を開けました。
先日劇場版「るろうに剣心」で使われてる曲の話をしてましたよね。
ワタシは漫画「るろ剣」はコドモが好きな類いだと思い未読でしたが
映画公開で知った今時珍しいチャンバラ活劇と時代設定に惹かれ、
つい先日最初の劇場版をレンタルして来て観たのでありました。

いやはや、面白かったです。
悪商人のシークレットシューズに爆笑。
格闘シーンでまさかのジャーマンスープレックスに爆笑。
元新撰組警官のワイヤー飛来に爆笑。

…細かいコトは置いといて。
なかなか痛快でした。
ワタシ的にはキャストも嫌なカンジなく、つい二部、三部と映画館で見る気が湧いたりしました。
(結局行けてないけど)


〈長くなるので続く〉


…に再会しました。
ワタシが子を産む前に会ったきりなので、
カンタンに考えてもそれこそもう12年は軽く時は経ってます。
(きっと14、5年振りです)

そんなに年月が経っての再会ぢゃ、もう誰だかワカランのでは?と
不安な気持ちもありましたが。

「わー久しぶりー♪」

「ぃやー変わんないよー。すぐ分ったよー」


顔見たら良い意味で変わらない。すぐに記憶が戻りました。(笑)

「もう、くたびれたしー(笑)」
「歳取ったしー(笑)」


とは云うモノの、気持ちの豪快さは「あの頃」とたいして変わってませぬ。

皆さんちょうど同じ時分にあの場所を去り、
今はまぁそれぞれ色々あった、色々あるのでしょうが落ち着いた暮らしをしている様子。

そんな皆さんの幸せそうな様子を見ていて、
そしてあの場所のその後をあらためて聞き
今更ながらやはり、あの時にあの場所から去って正解だったんだな。と痛感してしまいました。

我が子の体調がよろしくなかったため途中退散させて貰いましたが、
まぁ、この位で良かったかな。お名残惜しい気もしましたが。

元々大勢で集うのが気力体力的に苦手なワタシ。
そしてそれこそもう今となっては益々その気力体力が下落気味。

…みんな、相変わらず元気だなぁ。
(元気ハツラツ呑みに行っちまいました)

そもそも疲労感満載の木曜日ですから。
コレが金曜日ならまだ良かったな。と。
(だって明日も仕事ですしねぇ。。。)

皆さんとお別れした後の電車内で
あの頃の仕事1日分こなした位の疲労感に襲われながら(老体)、
こんな年月経って再会出来たコトを
ちょっと面白く感じた帰り道でございました。

そしてワタシ自身の体力の無さもあらためて痛感した次第でございました。
(´・ω・`)







昨夜中秋の名月は雨で見られずでしたが
今夜はスーパームーンでやんす。


まんまる。

今年は3度もあったスーパームーン。
次は1年後位。

1日遅れのお月見。



…ぢつは書き込み途中なのがあるのですが、
時間掛かりそうでこちらを先に上げました~




突然秋のような肌寒さの中
今日はお参りに来ています。

もう何回目かなぁ。

間もなく黙祷です。


〈横網の慰霊堂にて。〉