b04b41c0.jpg

昨日、いつも整髪して戴いている美容師の方から
(この美容師の彼はいわゆる
 『カリスマ美容師』ってヤツですな←古い。笑)

美容専門誌でのヘアモデルの依頼を受け出掛けて来ました。



しかし前日、書き込みに専念した上、その後藤乃とメール。
寝たの、朝の6時半でした。(だはは)

集合時間は午後1時なのに、おもくそ寝坊。(当たり前だ)
1時間前に慌てて電話すると
運良く他のモデルさんの撮影が延びていて、
遅れても大丈夫に。(ほ)

訊けばこの撮影、
オレが寝た朝6時半から始まっていたらしい…


代官山の、小洒落たスタジオで。

ヘアスタイルがメインの撮影なのに
オレの撮影プランは至って「エロ」色の強いモノでした。
(この撮影自体のプランは
 30代以上の『大人』の女性のヘアモード。なのだそうだよ)

だから、依頼があったワケだし、受けたワケですがね。

美容師さんとの話では
ノリノリで「脱ぐ」つもりでいましたが
出版社側から必死の規制が入り(笑)
とりあえず「透ける」程度で我慢でした。

いよいよオレの撮影が始まりました。

クラシックな小物類の置かれたセットにて
椅子にもたれた四つん這いのようなポーズで撮影。

デジタルで撮影しているので
撮れた写真をその都度パソコンからチェック出来ます。

画面に上がった写真は、Tバックのお尻が綺麗に写ってます。

皆で「良い」と頷いてる中
出版社の方が半ば震えながら

「コレぢゃ、ヘアモードぢゃなくって
 『お尻モード』になっちゃうよぉ?(半泣)」

と云ってます。(爆)

乳出しコルセットや、露出の多いのはダメならしく
渋々レースなどで何となく隠し撮影していると

「こんなの出したらA級戦犯だ」などと半泣き状態。(爆爆)

ノリノリなスタッフの方達に
「何でそんなにダメなのか」
問い詰められていました。(カワイソウにー。笑)

…ま、結局「頭髪」がメインな撮影なワケですからね。

(こうまで来ると「ヘア」が上なのか下なのかまで過敏に。爆)

過激なポーズも、露出も必要ないワケです。

ならば、何も「エロ」なプランなぞ立てずに
普通に首から上だけ撮影してれば良いんぢゃ…(云うまい。笑)


見開き2カットの為の撮影で、終わったのは22時でした。
(オレが入ってからほぼ8時間経過)


この撮影の為に先日から仕込んでいたエクステは
約200本もオレの髪に装置されていたそうです。

アタマ洗うのもセットするのも地獄。
1人ぢゃ纏めるのも必死で、
前日藤乃との仕事の際も、藤乃に助けて貰い
ようやく纏めるコトが出来た始末。

ホント、重いし、しんどかったです。

撮影が終わり
全て外して貰った後の爽快感ったらなかったです。
家に帰ってから、
心置きなくシャンプーしまくったのは云うまでも無い。


…ちなみに
エクステ1本平均600円らしく
つーコトはオレのこの何日間

約12万円分のエクステが装置してあったコトに!!

やーでも
12万円分とは云え、ストレスはソレ以上でしたぜ。(笑)


しかし、とても楽しい撮影でした。
和気藹々と、和んだカンジで。
「肝試し」状態の出版社T氏のガクガクブルブル振り(笑)は
かなり面白かったです。


こんな体験は、多分もう2度と無いでしょうな。

担当美容師S氏、スタッフの方々、
カメラマンH氏、そして出版社のT氏。

貴重な体験をありがとうございました。

上がりが楽しみです。
(エロ色が強くでボツなんてコトにならないか心配だが)




…そして明けて本日。

ついでに整髪して貰ったオレのアタマは軽い軽い♪

オレは「お洒落」だとしても
自分では絶対やらないと、確信しましたぜ。

エクステ、ちゅうモンは。